• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自転車に積もった埃を払った理由

身近な足を考える2

2011年9月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、電車や地下鉄の自転車を乗せるという話題に触れ、想像以上に多くの反響を頂きました。ありがとうございます。

 実はこの話題、少し前にツイッター上で何気なく言及してみたんですね。今回書くように、いろいろ思ったことがあったので。

 ツイッターでもさまざまな情報、いろいろご意見を頂き、それではというわけで、少し調べてみたわけです。まあ一定以上レスポンスがあるとは思っていましたが、予想以上にご意見を頂き、問題への潜在的な関心の高さを感じました。

 ただ、頂いたコメントには、やや勇み足も多かったようでした。今回も記すように、私は日本の都市、とりわけ首都圏や近畿のど真ん中で、電車に自転車を引いたまま乗車できるようにしようとか、なるとか思ってはいません。少なくともすぐには無理でしょう。

 丁寧に読んでくださった方には文字通りお分かりいただけたように、自転車を入り口に「身近な足」を考え直してみたい、というのが今回の私のテーマです。

 東京とか大阪、名古屋や京都、福岡などの地下鉄に自転車を引いたまま乗れるようにしよう! とか、そんなことではありませんので、お間違いないように(笑)。

 ツイッター上では例えば、震災からの復興で、都市計画そのものから再検討というような地域で、身近な足のコンビションが生きる可能性があるかもしれない、なんて話題を考えました。

 つまるところ、自転車をどうするか、は大した問題じゃないんですね。そういう話じゃない。自転車に注目することで見えてくる、「身近な足」の本質、あるいは源流を考える。この連載のメインタイトル、ならびに前回今回のサブタイトルにもあるとおりです。あるいは、そうしたことから「生活習慣」を再検討すると言った方がいいかもしれません。

広がりを見せる「サイクルトレイン」

 先ほども記したとおり、初めツイッターで自転車で地下鉄に乗る関連の話題をつぶやいたのですが、ただちにいろいろな情報を教えていただきました。

 例えば、中国新聞によると、呉市と愛媛県の岡村島までの7島をつなぐ安芸灘とびしま海道を巡る「サイクルトレイン」自転車をそのまま持ち込める専用列車のモニターツアーが行われたとのこと。

 中国新聞の記事によると、参加者は愛車とともに広島駅から列車に乗り込み、サイクルトレインの終点・仁方駅まで移動、そこから先は仁方湾から専用フェリーで島に向かったり、安芸灘大橋を渡ったり、さまざまだったそうです。

 中国・四国地方のサイクルトレインは尾道と今治を結ぶ瀬戸内しまなみ海道などでも実施されるとのこと、実は思ったよりタイムリーな話題であることを、教えていただきました。

 この「サイクルトレイン」という言葉を、そもそも知らなかったわけですが、ウィキぺディアにも「サイクルトレイン」の見出しがあり、三重県の伊賀鉄道島根県の一畑電車など、各地で運行しているとのこと。

コメント18

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト