• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「原子力の父」の称号を背に狙った総理の座

正力松太郎の大キャンペーンから政界引退まで

  • 山岡 淳一郎

バックナンバー

2011年9月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 権力者にとって原発が魅力的なのは、導入すれば「経済成長」と「軍事力増強」の二兎が得られると映るからだろう。原発を造れば、大量の電力供給が可能になり、「豊かな生活」への「夢」が膨らむ。核兵器開発に必要な技術にも手が届く。

 実際には技術的制御が難しく、放射線の危険がつきまとう。使用済み核燃料の処理方法は確立されておらず、莫大な設備投資が必要だ。原子炉の寿命が尽きたあとの廃炉まで含めれば、ライフサイクル・コストは高くつく。事故が起きれば、経済的前提は吹きとぶ。 

 それにもかかわらず、日本だけでなく、米国やフランスはじめ世界中で原発政策が推し進められてきたのは、核分裂エネルギーの途方もないパワーが権力者の欲望を刺激し、決定的な事故が起きるまでは「夢」が語り続けられるからだ。

「原発って、マッチョイズムなんですね」
 と、当連載の担当女性デスクに指摘され、ああそうだったのか、と改めて気づかされた。私自身、力への憧れがないといえば、嘘になる。力への信仰が原発にはへばりついている。逆にいえば、力がなければ不安だから、原発にしがみつく。不安は焦りをよぶ。

 戦後復興から成長期の「昭和モデル」は、明日は今日より必ずよくなるという希望と、過去の悪夢(敗戦)から逃れたい焦りが結びついて、生み落とされた。だから戦中世代は後ろを見ず、直線的に突き進んだ。欲望を全肯定するパワーで高度成長という階段を駆け上った。そんながむしゃらな先人の成功がなければ、いま、ここの私も、ない。単に誰かを断罪するのではなく、フクシマの痛みの根を知るために歴史をひもといてみたい。

 日本の原発導入、つまり「昭和モデル」の立ち上げで決定的な役割を果たした人物がいる。元警視庁警務部長にして読売新聞社主、正力松太郎(1885~1969)である。彼にとって、原子力は宰相の座を射止めるための武器でもあった。正力が仕掛けた戦略とは、どのようなものだったのだろうか。    

(文中敬称略)

* * * * *

 1954(昭和29)年3月、原子力予算が成立した。学界は原子力研究の準備が整っておらず、混乱をきたしたが、政官主導で原子力利用の扉が開いた。

「第五福竜丸」と反核運動の高まり

 と、その矢先、衝撃的なニュースが世界を駆けめぐった。国会で原子力予算案が浮上する前日の3月1日未明、ビキニ環礁から160キロ離れた海上でマグロ漁をしていた「第五福竜丸」は、大量の「死の灰」を浴びて被曝した。23人乗りの漁船が母港の焼津港に帰ったのは14日。船員の「太陽が西から昇ったような火の玉を見た」という証言をもとに、16日、読売新聞は米国が極秘裏に行った水爆実験を世界に先がけて報じた。

 被曝した漁船員の頭髪は抜け、赤血球が著しく減った。全員が東大病院と国立第一病院に入院する。無線長の久保山愛吉は半年後に「原水爆の犠牲者は、わたしを最後にしてほしい」と言い残して亡くなった。原子力はビキニの名とともに再び現実の恐怖に変わった。

 この状況で、米国のダレス国務長官は「日本人は原子力アレルギーにかかっている」と突き放した。さらに被曝した船員たちを「スパイだ」とも口走る。

コメント17件コメント/レビュー

いちゃもんに近い一番最初のコメントや、勝手に読者を代表してケチをつけるようなコメントはあまり気にしない方が良いですよ。自分は理路整然としているという自身に満ちている人ほど、実は無自覚なマッチョだったりしますからね。(2011/10/01)

「原発は何処から、何処へ――」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いちゃもんに近い一番最初のコメントや、勝手に読者を代表してケチをつけるようなコメントはあまり気にしない方が良いですよ。自分は理路整然としているという自身に満ちている人ほど、実は無自覚なマッチョだったりしますからね。(2011/10/01)

●ところで、>「原発って、マッチョイズムなんですね」と、当連載の担当女性デスクに指摘され、ああそうだったのか、と改めて気づかされた。← これは、同じ日経ビジネス・オンライン連載の「小田嶋隆のア・ピース・オブ警句」“私も原子力について本当の事を言うぞ”から引っ張ってこられた言葉(フレーズ)じゃないですか。担当女性デスクさんが感化されての(背景説明のない、軽率な)発言だったとは思いますが、今回の書き出しと締めの言葉に使われたのでは、我々読者は(せっかくの真面目な内容に対して)似つかわしくない思いを残します。  ●シリアスな表現になっても結構ですから、“政・官・財・学・メディア”の(悪の枢軸?)ペンタゴン構造を崩す方策なり、シナリオを期待します。(2011/09/30)

“昭和モデル”における“政・官・財・学・メディア”の(悪の枢軸?)ペンタゴン構造が崩壊していくとしても、いまだ“平成モデル”と呼べるほどのものは無く、連綿と明治・大正・昭和を引きずっているようにも映ります。むしろ、ソーシャルネットワーク世代の方々は現状容認派の方や、「だから何?」「原発しょうがないじゃないの。自分の庭じゃないなら」「有るものを無くせないでしょ」といった意見と無関心が多いように感じています。私自身は、筆者著書の『原発と権力:戦後から辿る支配者の系譜』も一読してみるつもりでおりますが、今後の記事連載に期待しております。●先日のNHK番組でサンデル教授が、米国と日本と中国の若者を相手にテレビ中継版「白熱教室」をしていましたが、様々な意見交換の後に、原発存続への賛否を問いかけました。その結果は、米国の若者は全員原発賛成、反対者はゼロ。中国の若者は2名を除いて賛成多数。そしてなんと、日本の若者も3~4名の反対者以外は原発賛成が多数意見という結果でした。これにはサンデル教授自身も予想外の結果だったらしく(私にはそのように映りました)、痛みを忘れず考え続ける大切さを訴えての幕引きとせざるを得なかったようです。●ことほど左様に、今の日本も世界も原発容認の考えが根付いてしまっており、我々“昭和モデル”世代からの警鐘や反省の言葉は“懺悔の羅列”としか響かず、「だって、それを進めてきたのは貴方達でしょ」「教育も報道も、そうとしか教えてもらってないぜ俺達」の声が返されます。「楽しいのが当たり前じゃん」「そこにそれがあるんだから」「仕事も無いのに、そんな事どうでもいいよ」「見なきゃいいじゃん。外に出なきゃいいじゃん」といった風潮。感じたことありませんか。誰がそうしたのか? 時計の針を戻せる(あるいは、指針を正せる)これが最期の機会かもしれません。あと十年で半分、二十年から三十年もすれば、ほとんどの昭和世代は責任能力を失っていくでしょう。 ●“政・官・財・学・メディア”のペンタゴン構造を、どのように打破するべきなのか? 彼らの既得権益維持とその為の権謀術数能力には長けたものがあります。共通する人脈構造のひとつである東大解体策でも提示しますか? 連載の過程において、希望の芽が見つかることを願っております。(2011/09/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授