• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本復活のカギは「グローバル」の再定義にあり

「フラット化しない世界」に生き残る企業の条件

  • 常盤 文克

バックナンバー

2011年9月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災から半年が過ぎました。この半年余りを振り返って思うのは、この未曾有の大災害から数多くのことを私たちが学んだだけでなく、逆に震災が私たちに問いかけたこともあるのではないか、ということです。

 その1つが、「グローバリゼーションとは何か」という問いです。今回の震災では、モノ作りのサプライチェーン(供給網)が分断されました。東北地方には有力な部品メーカーの工場が集積しており、部品の供給が滞ってしまったのです。

 サプライチェーンマネジメントと称して、コストと在庫の最小化、時間の短縮、さらには安定供給と効率の最大化を目指してきた仕組みにとって、大震災は大きな落とし穴だったと言えます。結果として起きたモノ作りの停滞は、日本のみならず世界にまで広がりました。

震災で見えてきた世界が「つながる」意味

 この事実から、世界はつながっているのだ、という現実を私たちは身をもって理解したわけです。世界は単に、海や陸を介して地理的につながっているだけではありません。

 金融経済やモノ作りのサプライチェーンなど、人間のあらゆる活動がネットワーク状につながり、連鎖しています。この「世界はつながっている」という感覚こそが、「グローバルである」ということだと思います。

 すなわちグローバリゼーションとは、人や企業がモノ・カネ・情報などのつながりの中でどう生きていくか、どう仕事をしていくか、このつながり自体の構造を状況に応じてどう作り直していくか──ということでもあるのです。

 そもそも、「グローバル」という言葉が頻繁に使われるようになったのは、ベルリンの壁が崩壊した1989年以降のことです。東西の冷戦が終結し、「資本主義・自由経済」と「社会主義・計画経済」の二項対立が終わり、世界が1つであるという発想が生まれました。それが、グローバルという概念です。

コメント3件コメント/レビュー

障壁があるからビジネスが生じます。両替商や運送業、翻訳や民族料理・・・・ ローカルに感謝。(迷亭寒月)(2011/09/30)

「常盤文克の「新・日本型経営を探る」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

障壁があるからビジネスが生じます。両替商や運送業、翻訳や民族料理・・・・ ローカルに感謝。(迷亭寒月)(2011/09/30)

わが意を得たり。私は、文化の観点から似たようなことを常々思っていた。「世界市民」のような胡散臭い思想や、ローマ/キリスト教圏の民族浄化には辟易していたのだ。「グローバル化」にはそういう臭いがぷんぷんしていた。この際、再定義などといわず、汚れた標語である「グローバル化」などという言葉は捨てて新しい言葉を考えて欲しいものだ。(2011/09/30)

何十年も前から民主主義を学んだ者としてみれば、『多様性の共存』は当然のことであり、ここで述べられているのは民主主義に於ける個人主義のことで、日本にも戦前どころか明治維新からある民主主義の根本だと思います。福沢諭吉の「学問のすゝめ」に登場する「一身独立一国独立」は、まさにここでのディープ・グローバリゼーションの解説と同じ内容だと思います。そもそもグローバルの意味は世界が互いの交流によって、政治や経済での共通化(unification)の増加(increasing)を指すのであって、フラット化とは違うと思います。グローバルとは、例えば今はパソコンOS市場がWindowsに席巻されていますが、アップルのマックOSはiPhoneに引き継がれて共存している様子を指し、民主主義の本来の在り方を理解すれば特に再定義する内容では無いと思います。つまりグローバルとは、民主主義の『個人主義』『多様性の共存』が、全体主義の『権威主義』『他者の排除』に取って変わる事であり、少なくともこれは最近に定義された内容ではありません。(2011/09/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長