• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ほんの20センチの断崖絶壁と劇団『態変』の『喰う』

身近な足を考える5

2011年10月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 しばらく前の事ですが、ご記憶の方も居られると思います。2003年1月17日、東大阪市の近鉄大阪線・俊徳3号踏み切りで、車椅子に乗った38歳の女性が段差で脱輪、立ち往生したまま脱出できず特急電車にはねられて亡くなるという事故がありました。

 事故は幅が3.1メートルしかない踏み切り内、たった20センチの台形の窪みに脱輪したために起きたもの。近鉄はただちに窪みをアスファルトで埋め、安全地帯を示すゼブラゾーンを設置するなど、対策を立てて実施したようでした。しかし近鉄に限らず、その後も踏み切りでの車椅子の脱輪、あわやという事態はしばしば起きています。

東淀川の「開かずの踏み切り」

 また日本全国のあちこちに「開かずの踏み切り」として地元では有名な踏み切りがありますね。通勤通学の途上ここで待たされ、遮断機をくぐって無理に横断しようとする人が事故に巻き込まれるケースも多数報告されています。「開かずの踏み切り」は単に「閉まっている時間が長い」だけでなく「開いている時間が短い」事も多く、車椅子や高齢者、障害者が通行してひやひやさせられることもあるようです。

JR京都線・東淀川駅の「開かずの踏み切り」

 実は僕がいま舞台「喰う」のリハーサルで毎週末通っている劇団「態変」稽古場は新大阪にあるのですが、そのすぐ近く、JR京都線の東淀川駅にも開かずの踏み切り」があります。

 前回もお話したように「態変」は役者全員が身体に障害を持っています。東淀川の踏み切りを渡る人も多く、通行には難儀するということでした。

 私たちが普通に歩いていれば気がつかないかもしれないたった20センチの踏み切り内の段差が、車椅子にとっては絶望的な断崖絶壁として立ちはだかってしまう。そんな、身近にあって気づかない足元を、劇団「態変」の公演「喰う」の稽古の話とあわせて、少し考えてみたいと思います。

一言で障害といってもさまざま

 劇団「態変」の舞台「喰う」も伊丹AI・HALLでの10月14、15、16日の本番がいよいよ迫ってきました。「態変」を主宰する金満里さん以下メンバー全員、集中したリハーサルに熱が入ります。先ほども記した通り「態変」の役者さんは全員、身体に重度の障害を持っており、コンディション調整がなかなかタイヘンです。

劇団「態変」のリハーサル(左)金満里さんと。(右)おのおのの役者が自分の身体をフルに生かして固有の表現を探って行く。稽古場「メタモルホール」にて

 例えば、同じ「手足が動かない、あるいは動きにくい」人でも、小児マヒや筋ジストロフィーのように力が入らない「脱力系」の人もいれば、脳性麻痺(CP)で不随意に手足が突っ張ってしまう「緊張系」の人もいます。また脳性麻痺にもアテトーゼ型、失調型、痙直型、固縮型、混合型など、いろいろな症状に分かれています。

 また後天的な事故で障害を負われた方も居られます。ちなみに僕の亡くなった母も最晩年、脳梗塞で半身不随の状態となり、最期の1年ではありましたが、一緒にリハビリに励みました。

 四肢に欠損のある方も居られます。僕は「サリドマイド」による四肢発育不全が社会問題になったジェネレーションなので、子供の頃よく遊んだ中にも軽度の欠損障害を持つ友達がいました。

 サリドマイドについては、西ドイツ、グリュネンタール社がサリドマイドの入った睡眠薬を発売したのが1957年、61年には催奇性が報告されるようになり、同年11月に製造停止、製品が回収され始めます。日本ではドイツに遅れること1年、大日本製薬が「イソミン」の商品名で睡眠薬を発売、次いで胃腸薬にサリドマイドを配合し「妊婦のつわり予防」に用いられたことから被害が拡大、すでにドイツの実態が明らかになっていたにもかかわらず、実際に大日本製薬が販売停止と製品の回収を始めたのはグリュネンタール社に遅れること300日近くとのことで、その後も薬害は出続けました。

 現在の「態変」にはサリドマイドの役者さんは居られないそうですが、劇団には多様な身体をもつ役者が参加しています。そしてどの人も、そのあるがまま、その身体ならではのありようで舞台を作って行きます。

 ネット上に「態変」のプロモーションヴィデオがYouTubeにあがっていますのでリンクしておきましょう。1983年の設立から28年、大阪を拠点としながら国内各地、海外もドイツ(ベルリン、シュトゥットガルト)、スイス(ベルン)、イギリス(エジンバラ)、ケニア(ナイロビほか3都市)、マレーシア(クアラルンプール)、シンガポール、インドネシア(ジャカルタ)、台湾(台北)、韓国(ソウル、慶南)と世界的に活動を展開し、圧倒的な評価を得てきました。

コメント0

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック