• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「TPP参加で食の安全基準が下がる」ことはない

現行の牛肉輸入規制は過剰

  • 山下 一仁

バックナンバー

2011年10月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 TPPに反対する主張に、「日本の食品安全規制が、アメリカの低い基準に引き下げられる」というものがある。今回は、この主張について考える。

 国家は、国民の生命や身体の安全、健康を守る主権的権利を持っている。他方、我々は貿易によって世界中から豊かな食品を輸入し消費している。食の安全だけを追求することは消費者の利益にならない。このため、食の安全という利益と食品の貿易・消費の利益を調和させることが必要になる。

 そもそも、食の安全の基準は絶対的なものではない。食料が満ち足りている時には、安全性の要求水準は高くなる。しかし、食料が十分に手に入らない状況では、安全よりも、カロリーを摂取するために量を確保することが重要となる。終戦後、ひもじさを満たすために人々は、安全性の観点からは問題の多い食品を闇市で購入して食べた。終戦後のように飢餓に直面している時には、空腹を満たすという消費の便益はきわめて高い。人々は、遺伝子組み替え食品であれ、全頭検査をしていないBSE(牛海綿状脳症)の恐れのある牛肉であれ、何のためらいもなく食べはずだ。

SPS措置の真偽は科学的に判断する

 「SPS措置が国内産業(農林水産業・食品業界)を保護するために使われている」という指摘がある。食品・動植物の輸入を通じて病気や病害虫が侵入することを防ぐために導入するSPS措置(Sanitary and Phytosanitary Measures:衛生植物検疫措置)は国民の生命・身体の安全や健康を守る正当な保護手段である。

 ところが、国際交渉によって、関税などの国内産業保護のための伝統的な貿易手段が使いにくくなっている。これに代えて、SPS措置を利用する動きがあるとの指摘がある。

 貿易自由化の観点からは、保護貿易の隠れ蓑として発動されるSPS措置の制限・撤廃が求められる。しかし、国民の生命・健康の保護を真の目的としたSPS措置であっても、貿易を制限する効果があることは疑いのないところである。このため、生命・健康の保護を目的とした真正の措置と、貿易制限を目的とした措置との区分は容易ではない。

 「国民の生命・健康の保護」と「貿易自由化の推進」という相矛盾する要請のバランスを図ろうとする試みが、GATTウルグアイ・ラウンド交渉の一環として行われた。その結果、1994年に合意されたWTO・SPS協定は、この矛盾の解決を「科学」に求めた。科学的根拠に基づかないSPS措置は認めないとしたのである。生命・健康へのリスク(危険性)が存在すること、そして当該SPS措置によってそのリスクが軽減されることについて、科学的根拠を示さない場合、その措置は国内産業を保護することを目的としたものと判断したのである。

 その上で、各国のSPS措置を国際基準と調和(ハーモナイゼイション)させることを目指した。各国の規制が統一されている方が、貿易の円滑化に資するからである。国際基準は、食品添加物や残留農薬・動物用医薬品など食品の安全性についてはコーデックス委員会(FAO/WHO合同食品規格委員会)が、BSEなど動物の健康についてはOIE(国際獣疫事務局)がそれぞれ作成するものである。

コメント10件コメント/レビュー

遺伝子組み換えでもBSEの件でも自国民に食べさせているモノを売ろうとしてるんですよね?国内消費分と輸出分を分けて作っている訳じゃないんですよね?だとすると自国民にそんな怪しいモノを食べさせるのでしょうか?向こうの政府やメーカーの人間も同じモノを食べるしかないでしょうし。だとすると日本の反対論には疑問符が付きそうです。在来作物もただの牛肉も科学的に絶対安全とお墨付きが付いている訳でも無し。勝手に安全と思い込んで安心しているだけでしょう?そういう訳でこんなことはTPPとは別に改めてもいいと思ってますです。(2011/10/19)

「山下一仁の農業政策研究所」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

遺伝子組み換えでもBSEの件でも自国民に食べさせているモノを売ろうとしてるんですよね?国内消費分と輸出分を分けて作っている訳じゃないんですよね?だとすると自国民にそんな怪しいモノを食べさせるのでしょうか?向こうの政府やメーカーの人間も同じモノを食べるしかないでしょうし。だとすると日本の反対論には疑問符が付きそうです。在来作物もただの牛肉も科学的に絶対安全とお墨付きが付いている訳でも無し。勝手に安全と思い込んで安心しているだけでしょう?そういう訳でこんなことはTPPとは別に改めてもいいと思ってますです。(2011/10/19)

私はとても参考になるし、ぜひ読むべき記事だと思う。ただしそれは山下さんの意見に同調しているからでは無い。何を基準にするかで安全コストが変り、その結果、TPPに参加するしないに関らず、日本の農業の競争力が守られる場合も、損なわれる場合もあるからだ。何を基準にするにしろ、この記事が述べるのは、疑心暗鬼と異常な対応そのものの指摘だと思う。タイトルにあるようにTPP参加で食の安全基準が下がるなどとは思わない。それよりも食の安全を日本人がどこまでも求めるなら、そのコストは限りなく安全という名のコストに払われるのだ。そういう意味で、何が正しいかではなく、何を選択するかの違いであり、もう少し選択幅を広く取れば、日欧米の基準のどれも正しいのであり、個人が何をどう選択するか?もう少し個人に選択を任せられないか?と考える。(2011/10/19)

「食いたくなければ買わない事による選択は守られてきました」これは既に幻想ではないですか?殆どそのままで売る生米の状態での販売ですら産地偽装はあるし、汚染米の時でも食料に回された。米粉等を経由したり、弁当や外食、冷凍食品等になっていく。この状況では買わない事で避ける事は難しい。要は、下水油が出回り、自炊以外に避けようがない状態に近いとされる某国と同じ構図になる。よって必ずしも、市場原理で良い物が~とは言えなく、市場原理で悪貨が良貨を駆逐のような状況も起こる。利権のコメントへも大筋同意で、消費者や国民の事より、所詮自分への利権。日本の農家を見限り、米国につくだけの事。TPP賛成だろうが反対だろうが偉い人はどちらも国民・消費者を売っているのは変わらない。だが、一旦外国に売ると日本の中だけで修正が利かなくなるのでTPP反対に消極的賛成。ルールを作る、変えるのは米国。日本にその政治力は無い現状では他国の言いなりになるだけ。(2011/10/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長