• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最強のタンメン、千葉に現る!

営業時間短縮して月商3倍~タンメンしょうや

2011年10月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 かつて、どこの中華料理店やラーメン店にもあったのがタンメン。しかし、時代の流れの中で、いつのまにか多くの店のメニューから消えていった。厳密に調べたわけではないが、近頃のラーメン店でタンメンを扱うところはむしろ少なく、メニューにその名を見つけると懐かしく感じるほどだ。

 一般的なタンメンは、塩味のスープに、麺と野菜や豚肉を合わせる。東日本を中心に食べられており、西日本ではその名前すら知らない人も多い。今回は、脇役に追いやられた感のあるタンメンを、中核のメニューと位置付ける「タンメンしょうや」を取り上げる。

 千葉県佐倉市。JRの物井駅から少し離れたところにこの店はある。周辺を田んぼに囲まれ、席数49と20台分の駐車場スペースを持つ、一軒だけのいわゆる家族経営の零細ラーメン店だ。

 駐車場には自動車がどんどん吸い込まれ、行列が絶えない光景から人気店であることが伺える。その繁盛ぶりからは、一時期給与も支払えない状況にあった店とは思えない。

 「タンメンしょうや」に何が起きたのか。

「客の数よりハエの数が多かった」

タンメンしょうやの二代目による呼び込み

 タンメンしょうやの前身の店は、1978年、千葉市畑町に現在の店主である横田省三氏の母親によって、全国展開するラーメンチェーン店のフランチャイジーの一つとして産声を上げた。父親はサラリーマンをしていたが、ラーメン店を始めてから1年ほどたったころに働いていた会社を辞め、母親と一緒にラーメン店を切り盛りするようになった。

 開店当初は店の前の空き地に多くの人が自動車で来店し、そこそこ流行ってはいた。しかしライバル飲食店がその土地に出店したことで客足は鈍り始めたので、1986年に駐車スペースが十分にある佐倉市に店舗を移した。

 「客の数よりもハエの数のほうが多かったですね」。省三氏は当時を振り返る。当然の如く、台所は火の車に陥った。

 なんとか営業を続けたものの、1998年になって父親が、加盟していたラーメンチェーンからの離脱を決意した。麺を本部から仕入れる義務があっただけでなく、味も気に入らなかったのがその理由だ。チェーン店として営業を続けるよりも、自分たちで味を研究し、開発した料理のほうがおいしいと判断し、独立して現在の店舗である「しょうや」として再出発する。

 1995年には省三氏が脱サラをして家業に戻っていた。しかし経営状態は一向によくならない。そのうち二代目の省三氏自身の人件費も経営を圧迫するようになった。生計を立てるため、栃木県のホテルに転職するなどの曲折を経て、省三氏が本腰を入れてラーメン店の立て直しに乗り出したのは2003年のことだった。

コメント3

「逆転思考で勝つカイシャ」のバックナンバー

一覧

「最強のタンメン、千葉に現る!」の著者

内藤 耕

内藤 耕(ないとう・こう)

サービス産業革新推進機構代表理事

世界銀行グループ、独立行政法人産業技術総合研究所サービス工学研究センターを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長