• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

通天閣と太陽の塔はどっちが高い?

身近な足を考える[番外編]

2011年10月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いきなりケッタイな事を訊くと思う方もあるでしょうし、あるいはご存知の方には常識以前かもしれませんが・・・大阪天王寺、新世界の「通天閣」と、やはり大阪ですが、ずいぶん北に離れた吹田は万博記念公園の「太陽の塔」、どちらの方が高いと思われますか?

「通天閣」と「太陽の塔」どっちが高い?

 とんでもない比較と思われるかもしれません。いや、事情をご存知の方からは、何を当たり前の比較を、と言われそうでもあります。ちょっと考えてみていただければとおもいます。クイズの正解はあとでお教えします。

 以下のお話、僕は今回始めて知った事が非常に多く、改めてご紹介してみたいと思いました。

お陰さまで態変「喰う」好評裡に終演

劇団「態変」公演「喰う」(写真:大澤具洋、以下同)

 毎週大阪に伺って準備してきた劇団『態変』の舞台『喰う』(伊丹 AI Hall)はおかげさまで全三日とも満員のご来席を頂きました。僕自身は舞台を見ていないわけで(というのも、その舞台上でずっと演奏していましたので^^;)全体像がどんな風に見えたか、分からないのですが、ご覧になった方から伺うと、どうやらイイ本番になったようです。何よりありがたいことです。

 最終日終演後、先日大阪大学総長を退かれたばかりの哲学者、現在は大谷大学の鷲田清一さんをお招きしてのセッション・トークも盛り上がりました。鷲田さんが「めったにない事なんやけど、なんかこう、涙腺が、ほろっとね・・・」なんて仰っていただいたのは、なんか嬉しかったですね。

 今回は大澤具洋さんによるこの舞台写真もご紹介しながら、お話を進めたいと思います。

 先日生まれて初めて天王寺の新世界に連れて行って貰ったのです。稽古のあと「ラジウム温泉」で一風呂浴びてから、本場の「串カツ」や「どて焼き」を堪能させてもらいました。

初めて行った「新世界」

 劇団「態変」の稽古はタイヘンな運動量になります。加えてこの夏の暑さです、リハーサルが終わるころには汗だくと言う状況になります。そこで態変の役者、小泉ゆうすけさんに案内して貰って行ったのが「新世界」のど真ん中、通天閣の真下にある銭湯だったのです。

劇団「態変」公演「喰う」主宰の金満里さん

 実は「新世界」も「通天閣」も、僕は生まれて初めてだったので、タイヘン刺激を感じました。写真でみるばかりの通天閣、実際の足場がわりかたコンパクトなのが意外でした。銀色なんですよね、余り意識していませんでしたが。

 露天風呂から通天閣が仰ぎ見られる銭湯で汗を流して外に出ると、そこは新世界のど真ん中です。串カツだドテ焼きだと看板が並んでいる。風呂上りでタダでさえビールの美味いタイミングです。おのずと「ちょっと一杯」ということになるのが、まあ必然というものでしょう。

 そこで『新世界』の由来を伺って、知らない事だらけだったことを痛感したのでした。

三つの「公園」共通のルーツ

 突然ですが、大阪天王寺と東京の上野、それに京都の岡崎と、三つに共通することがある、といわれたら、ナンだと思われますか?

 ・・・答えは、幾つかあるんですが、ひとつの解答例は「動物園がある」でしょう。実は動物園はベルリンのど真ん中にもありまして、そういう話の展開もあるんですが、それはまた別の機会にと思います。

 大阪の天王寺動物園、東京は上野動物園ですが、正確には東京都「恩賜」上野動物園というのだそうですね。大時代がかった名称がヘンなところに残っているもんです。京都の岡崎動物園も、京都市動物園が正式名称とのことでした。

 天王寺と岡崎と上野、実は共通点がほかにもあります。「美術館」がありますね。と言うか、美術館や動物園なんかがセットになった「公園」だというのが、一番優等生的な答えかもしれません。上野公園は明治維新時、彰義隊の名で知られる上野の山の戦場でしたし、天王寺公園の茶臼山は大阪冬の陣夏の陣の本陣、京都東山は応仁の乱で都のど真ん中を避けて足利義政が幕府を移した土地、といった具合に、時代時代の戦争などとも結びついた、なかなか由緒のある土地でもあります。

コメント2

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長