• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

TPPを巡る議論はエモーションから始めよう

そのためにリーダーがなすべき2つのこと

2011年10月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中学生のころから、洋楽を一生懸命聞くようになったのだが、最初にはまったのは、米国の女性ロックシンガー、ジャニス・ジョップリンだった。1970年に27歳で夭折し、その翌年に出た「Pearl」というアルバム。当然CDではなくLP版のレコードで、文字通り、溝が擦り切れて、買い替えなくてはならなくなるほど、何度も何度も聞いていた。

 いまだに、「More over」(邦題:ジャニスの祈り)やクリス・クリストファーソン作曲の「Me and Bobby McGee」といった曲は、そらで歌えるし、少しお酒が入った帰り道、「Mercedes Benz」(邦題:ベンツが欲しい)を一人歩きながら口ずさんだりもする。落語家さんとご一緒に行う講演会(当方は、ビジネスや経済に関わる話をするだけで、素人落語を披露するわけではありません)で使う出囃子も、ジャニスの曲のイントロの部分だ。

 彼女は、1967年のモントレーポップフェスティバルで注目を浴び、その後、スターダムにのし上がった。白人のロックシンガーだが、ブルースに強い影響を受けている。そのおかげで、私自身がその後、ブルース、R&Bといった黒人音楽(当時は、アフロアメリカン音楽と呼ぶことが正しい、という向きが多かった)の深くて広い世界に少しずつ引き込まれていくキッカケにもなった。

 少し前だが、NHKのBS放送で、彼女の恋人だったことがある4人の男性が、ジャニスについて語り合う、という番組が放映された。一見豪放磊落なロックシンガーが、実際には、ものすごく繊細で傷つきやすく、人間関係を作り上げるのが苦手。人に愛され、周囲にも受け入れられたいのに、そうならない。どちらかというと、逆効果になりそうな行動ばかり取ってしまう。

 テキサス州ポートアーサーという保守的な田舎町で育ち、周りから一種浮いた存在だった思春期の話を含め、ジャニス・ジョップリンという天才アーチストの複雑な内面と、それ故の、個人としての愛すべき部分、魅力について、過去の恋人たち4人がそれぞれの表現で語り合っているのは、なかなか見ものだった。

私がジャニスに惹かれたワケ

 いまさらながら、なのだけれど、これを見ていて、自分自身が中学生のころに、なぜ、あれほどジャニス・ジョップリンにはまっていたのか、少し分かったような気がした。

 当時はきちんと整理して理解できるはずもなかったが、思春期特有な部分も含めて、周囲と自分との不整合感。それを表現したくても、うまく言えない焦燥感。こういったものに、苦しめられていた時期だった。

 実際には、今も変わらず、自分の中に残っている根っこのような部分でもあるけれど、中学生時代にはそれを飼いならすことも、ごまかすことも、いわんや肯定して受け入れることもできなかっただけに、強く大きな「意識下の力」として、存在していただけだ。

 ジャニス・ジョップリンが、自らの中にある制御しがたい「意識下の力」を、歌声、あるいは、シャウトする行為そのものを通して、外の世界に放出し、極東の一中学生も、自分の中に棲む同様のものとの呼応を無意識に感じて、「ああ、これだ」と大ファンになる。そんなことが、起こっていたように思えるのだ。もちろん、世界中で同様に感じた人は、たくさんいたに違いない。

コメント32件コメント/レビュー

TPPで得る経済効果は内閣府が既に試算済みで、年2700億、10年かけてもGDPの僅か0.5%程度に過ぎない。また、我が国は既に現在でも十分な自由貿易国家だ。どう考えても推進する必要性が理解できない。唯一考えられるのは、米国の国益に寄与するということのみ。日本のではない。(2011/10/31)

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「TPPを巡る議論はエモーションから始めよう」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

TPPで得る経済効果は内閣府が既に試算済みで、年2700億、10年かけてもGDPの僅か0.5%程度に過ぎない。また、我が国は既に現在でも十分な自由貿易国家だ。どう考えても推進する必要性が理解できない。唯一考えられるのは、米国の国益に寄与するということのみ。日本のではない。(2011/10/31)

「TPPで食の安全保障が崩壊」なんて嘘は止めてほしいですね。現状でも日本の農業と漁業は緩慢な死に向かっている事は明白です。つまり、食の安全保障は崩壊しているのです。■TPPに反対するなら、食の安全保障のために農業と漁業を維持できるようにどう変えていくのかの絵を書け(現実的シナリオを立てよと要求する大阪の方言。今風に現すと「パワーポイントでビジネスモデルを説明せよ」)と言いたいです。■逆に日本の方が優れているルールもあるので、米国に押し付けたいところです。健康保険は明らかに日本の方が優れているので、平均寿命が長いです。(米国人は驚くほど短命です。)共済制度も掛け金が安い(1/10)など日本の方が優れていると思うので、ぜひ押し付けてきてほしいところ。(米国の保険会社が参入して掛け金が10倍になったら誰も入りませんから、無保険状態が蔓延します。)■米韓FTAは米国やり過ぎです。あの結果を見てTPP反対論が勢いづくって事が読めなかったのかと。日米TPPでは「日米の良い制度を持ち寄って、世界で一番いい制度を作る」ぐらいのコンセプトを実現し、中露が加わりたいと思わせるぐらいでないと、米国にとっても先のない結果になりますよ。最悪は大国間戦争になりかねません、歴史的に見て。■京都議定書に米国がどう対応したか思い出せば、途中離脱なんかできて当たり前と思います。米国の方が借りがある(議長国・日本の顔を潰した)という状態とも言えます。(2011/10/31)

10/30日の段階ではNHK、朝日、読売、東京等テレビ討論で筆者の結論の裏付けとなる内容・国民理解が促進される状況となっています。自由貿易促進でしか永続できない平和国家日本の基本認識の下、如何に二国間交渉で遅れをとっている競争条件をTPP(多国間交渉)で回復し、トータルの国益維持・促進を図ることです。政官業學(国民)上げて実現を図るべきです。(2011/10/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員