• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

後藤新平の処世訓と国家戦略会議への期待

今でも響く「とにかく活動せよ」という言葉

2011年11月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「3・11」後、関東大震災からの復興計画への興味が高まり、あちこちで後藤新平という名前を見聞きするようになった。

 後藤新平は苦学して医師となり、その後、台湾総督府民政局長、南満州鉄道総裁、逓信大臣、外務大臣、東京市長などを歴任。1923年9月1日に発生した関東大震災の翌日に成立した第2次山本権兵衛内閣の内務大臣兼帝都復興院総裁として復興案の立案に当たった。

 興味を引かれたので、『後藤新平:外交とビジョン』(北岡伸一著、中公新書)を手始めに、後藤新平に関する本をいろいろと読んでみた。

時代の先覚者 後藤新平 1857-1929』(御厨貴編、藤原書店)
後藤新平 日本の羅針盤となった男』(山岡淳一郎著、草思社)
後藤新平伝 未来を見つめて生きた明治人』(星亮一著、平凡社)
決定版 正伝後藤新平』(鶴見祐輔著 藤原書店)
といったあたりだ(最後の正伝は、全8巻の大著。まだ、復興計画に関わる第8巻しか読めていませんが…)

危機的状況で結果を出し続ける

 帝都東京の復興計画については、さまざまな方が書いておられるので割愛するが、彼が手掛けたそのほかの仕事も、なかなかにすごく、かつ面白い。

 何人もが失敗した台湾経営に当たっては、徹底的に現地の文化・習俗、経済モデルを調査し、「科学的」姿勢で、理想と足元の現実の両方を踏まえた政策を立案して、次々と実行していく。

 生涯を通して、東西文明の衝突のはざまに置かれがちな日本の地政学的位置に思いを致し、米国、ロシア、中国、それぞれとの相互関係を構築しながら、日本の総合的な外交政策を考え、かつ実行に向けて自ら行動し続ける。

 特に、困難な状況、危機的な状況の時に担ぎ出されるという役回りで、難しいプロジェクトばかりを担当させられる。その中で、何らかの結果を出し続けたという事実には、感心させられることしきりだった。ご興味がある方は、ぜひどれか一冊お読みになることをお薦めしたい。

徹頭徹尾プラグマティストだった後藤新平

 さて、後藤新平は『処世訓』を、その名の通りの書籍として残している(絶版となっているが、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーに入っており、ネット上で読むことが可能)。

 個人的には、その『処世訓』の第85番が、結構気に入っている。いわく、「妄想するよりは活動せよ。疑惑するよりは活動せよ。話説するよりは活動せよ」。

 徹頭徹尾、プラグマティスト(実用主義者)だった彼は、専門家の力も借りて、非常に具体的な政策を立案した後は、とにかく動きに動いて、その実現に奔走する人だったようだ。

 東京復興案の当初予算要求が巨額であったため、「大風呂敷」と冷やかされたらしいが、大きな絵を描く。といっても、抽象論や長期的なビジョンだけではなく、常に具体的で足元すぐから実行が始まる政策案を作り上げるタイプだった。

 結果的には、昭和通り、日比谷通り、晴海通りなどの主要幹線道路が、復興案に従って建設されたし、東京市長時代からの構想であった環状線計画は、(本当にゆっくりした歩みではあるが)その後も建設が続いている。

 妄想したり、懐疑的になったり、あるいは人と議論ばかりしていないで、具体的な結果を出すために、とにかく活動せよ。私自身にも、ずっしりと響く言葉だ。

コメント0

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「後藤新平の処世訓と国家戦略会議への期待」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCGシニア・パートナー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経て現在に至る。事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定・実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手