• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「競争を拒む」若者の心理と意外な孤独感

そんな彼らを作り出したオッサン世代の無自覚と責任

2011年11月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「競争なんかして、何か意味があるんでしょうか? 僕たちは子供の頃、人と競争しなくていいって散々言われてきたのに、今になって突然、競争、競争って。頑張って上司に気に入ってもらって、何か将来いいことがあるんでしょうか?」

 こう素朴な疑問をぶつけてきたのは、この春就職したばかりという20代前半の男性である。都内の一流大学を出て大手企業に入った彼は、会社で、「競争」という言葉を聞くたびに、嫌な気分になるのだという。

 国の競争力、会社の競争力、個人の競争力――。確かに最近は、やたらと競争力という言葉を耳にするようになった。

 グローバル化、超円高、TPP(環太平洋経済連携協定)などによって、国や企業の競争力がますます問われる中で、個人間の競争も激化しているということなのだろうか。

 ただ、彼は“競争”という言葉を使ってはいるものの、話を聞いていると少しばかりニュアンスが違う。

 「競争って、同期と競争させられるってこと?」
 「そういうのもあるんだと思うんですけど、上司とか先輩にモチベーションを上げろって言われるんです」
 「ん? ってことは、もっと働けってハッパを掛けられているってことなのかな?」
 「……だと思います。でも、そんなに必死に働いて何かいいことがあるんですか? 出世とか僕は興味ないし、仮に必死に働いて上司に評価してもらったって、いいこと何もないじゃないですか。責任ばかりが増えて、プライベートの時間もなくなるし。必死こいて競争しても無駄。どうせ頑張ったって報われない。給料に見合った仕事をすればいい。業務命令でやることがあるなら、やりますよ。それ以上何をすればいいんですか?」

 これが彼とのやり取りである。 

競争したがらない若手とそれを嘆く上司のすれ違い

 そういえば、草食系という言葉が多用されるようになった頃から、中間管理職の、いわゆる“上司”たちからは、若い世代が競争をしないことへの嘆きを聞くことが増えたように思う。

 「僕たちが若い時には仕事を奪い合うことがあったけど、若い人たちはそれをやらない。かといって、同僚たちと情報を共有し合うかっていうとそうとも限らない。とにかく、いい仕事をしたいという気持ちが希薄なんです。」

 そんな20代社員たちに首を傾げる“上司”たちもいた。

 結局のところ、冒頭の男性も、上司たちも、「競争=必死で仕事をする」という意味で使っているようなのだが、一般的には「競争=出世」のように思えなくもない。

 若い世代も、上司たちも、出世競争とストレートに言わずに、競争という言葉を用いるのは、出世という言葉に対してネガティブなイメージを持っているからなのだろうか。

 いずれにしても、若い世代が、与えられた仕事以上のことをやりたがらないのは事実だし、良い仕事をするために必死に働こうという意欲も低い傾向にあるようである。

 なぜ、彼らは必死で働くことを拒むのか。競争があれば、勝つ人と負ける人がいるはずなのだが、負けた人たちはどこに行くのだろうか。

 そこで今回は、競争、について考えみようと思う。

コメント83

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「競争を拒む」若者の心理と意外な孤独感」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長