• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

TPPで心配すべきは、日本政府の交渉力

明確なビジョンさえあれば、日本をアピールするチャンス

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2011年11月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

早目に交渉に参加しても、主張できなければ意味がない

 野田佳彦首相は10日予定していた記者会見直前になって、表明を1日先送りしたものの、事前の宣言通り、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉参加の方針を打ち出してAPEC(アジア太平洋経済協力会議)に臨んだ。

 推進派、反対派の議論は「参加」「不参加」に加え、「時期尚早」という“先送り”の三択だったように思う。だが一旦「不参加」と結論づけても、中国や韓国など主要国が参加したらいつまでも突っぱねているわけにいかなくなる。となれば詰まるところは、「いつ参加するのか」という時期の問題ということになる。

 重要なのは時期なのか。私にはいずれの時期に参加するにせよ、この政府が「しっかりとモノを言えるのかどうか」の方が気になってしょうがない。枕詞を付ければ、「昨年の尖閣諸島沖の中国漁船衝突問題では、明らかな証拠映像までありながら事実をひた隠し、一切中国に抗議もせずに容疑者を放免してしまった」この政府がだ。

 主張し交渉する力がなければ、いつ参加したところで同じではないか。いや、いずれ参加せざるを得ないのなら、少しでも早い方がより準備期間が確保できる。その点では野田さんの決断は評価できるが、「早く参加しないと日本の主張ができない」という説明はどうだろうか。

 中国や韓国は後から参加したとしても、米国に対しても独自の主張を堂々と展開するだろう。特に中国には、たとえ論理的な説明になっていなかったとしても、押し切ってしまうくらいの勢いを感じる。経済的な影響力が大きいからだけではない。経済力でいえば、日本はフランスや英国を大きく上回っているが、彼らに比べたら言いたいことの半分も言っていないだろう。

 日本人の謙虚で温厚な民族性は、この国の宝として今後も大切にしていきたいと思うが、それとこれとは別だ。国と国との交渉は国益に直結する。自国の事情や考え方をしっかりと主張できなければ、国益だけでなく、存在感も、信用さえも失うことになる。

 日本に主張し交渉する力が十分にないのであれば、早々に交渉に参加して枠組み作りから関わると、後から修正を提案しにくくなるかもしれない。途中参加の国からは「ここをこう修正してくれたら加わる」などと交渉が入る。その時に、「実は日本としてもここをこう修正してほしかったのだが」と言ったらどうなるか。

 一緒に枠組み作りをした国々からは、「だったら枠組み作りの段階で言ってくれよ」「あれは何のための会議だったんだ」「今さら何だ」と文句を言われるだろう。当然だ。日本は信用できない国になってしまう。TPPでのリーダーシップなど取れるはずもない。

 「交渉への参加は早ければ早い方がいい」という話は、一定の説得力を持って聞こえる。枠組み作りにも参加できるし、準備期間が確保できるということだ。だが特に前者のメリットはあくまで、参加各国に負けないくらい「主張し交渉する力」を発揮できるという前提での話だ。

 食の安全基準については、「米国が輸出したいがために、自国の基準を押し付けてくるのではないか」との懸念があるという。日本の食に対する安全性は世界が認めている。日本の考え方を主張して、「日本の基準が正しい、これを世界標準にするべきだ」と働きかければいい。

 皆保険制度についても、自由診療が基本の米国の制度に合わせろと要望してくるかもしれないという。特に年金保険制度については中身の見直しが急務だが、皆保険制度自体は国民の安心につながっている。日本が世界に誇ってよい制度だろう。バラク・オバマ大統領も認めているくらいなのだから、「この仕組みは譲れない、むしろTPPでノウハウを共有してはどうか」と提案すればいい。

 だがあなたにはこれまでの政府と民主党政権や過去の自民党政権を見ていて、そのように主張し、交渉している姿を想像できるだろうか。今となっては、野田さんが私の懸念を裏切ってくれることを祈るばかりだ。

コメント33

「武田斉紀の「ブレない組織、ブレない生き方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック