• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

勝つチームマネジメントを野球とボートで考える

巨人の問題の本質はもっと深いところにある

  • 相澤 利彦

バックナンバー

2011年11月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、巨人の球団代表が、親会社である同球団の会長によるコーチ人事介入を批判する記者会見を行なって大騒ぎになっている。恐らく長年権力を行使され、「もう、やってらんないよ」ということだろうが、巨人が現在抱えている問題とは、一コーチの人事介入といった、ある意味で表層的な問題なのだろうか?

 少し前の話になるが、2008年の日本シリーズ第6戦をネット裏で観戦した。対西武で巨人が3勝2敗で迎えたこの試合で巨人が勝てば優勝という試合である。結果的には岸投手がロングリリーフの好投によって4-1で西武が勝ち、続く第7戦も西武が勝って優勝を果たすことになるのだが、ネット裏で試合を観戦しながら、私は野球を楽しむというよりは、組織論の課題を指摘する1枚のスライドをイメージしていた。

 発想の起点は、巨人側のバッターの年俸の高さである。3番 小笠原3.8億、4番 ラミレス5億、5番 イ・スンヨプ6億、6番 谷2.6億、7番 阿部2.8億(5人合計が20億円超・数字は全て2008年度)。それらの高給バッターが、年俸3600万円の岸の前にバッサバッサと打ち取られていく。西武側から経営視点で見ると、何とROI(投資対効果)が高いことか。当日の先発8人のバッターと日本シリーズで先発した4投手+抑えの合計13人の年俸を試しに計算したところ、巨人32億円超に対して西武8億円。ちょうど4倍もの差である。

 そこで作成した「極意のワンページ」が下記のチャートである;

 タイトルの通り、私が考える「戦略の定義」とは、「より少ない資源で最大の成果を得ること」である。そういう文脈で考えると、より少ない資源(年俸総額8億円)で最大の成果(優勝)を得た西武は極めて戦略的と言うべきであり、一方で巨人は非戦略的と呼ばざるを得ない。さらに、NPV(将来価値の現在価値総額=プロ野球に置き換えると、これから働ける年数に稼げる年俸総額)が低いはずの高齢選手に高額年俸を払っている巨人は、経営学的に見ればキャッシュ創出力が極めて低い投資をしているということも出来よう。

 さらにチームマネジメントの側面から考察してみるために、横軸に各選手の年齢、縦軸に年俸をとってプロットしてみると、両チームの分布が大きく異なるのが一目瞭然である。この年の西武は世代交代も進んだ結果、若さ・安さが際立っており、その集団が一つのかたまりのようになっているが、一方の巨人は完全に二極化。「若・安」の生え抜き組と、「老・高」の移籍組の混成であることはグラフを見れば明白である。

コメント5

「ワンページ・プレゼンの極意」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長