• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「来年流行するソーシャルメディアなど何でもいい」と言えるワケ

2011年12月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災やタイの洪水など、非常に残念な形で私たちの記憶に残る年になるであろう2011年もいよいよ残りわずかとなってきました。

 私が携わっている「ソーシャルメディアを活用したマーケティング」でも、今年はFacebookページを開設する企業が急増し、震災を通じてマイクロブログサービス「Twitter」が政府や官公庁において情報配信インフラとして使われるようになりました。1年前とはかなり環境が変わった印象があります。

来年注目のサービスは何ですか?

 この時期、よく聞かれるのが、「来年注目のサービスは何ですか?」や「来年どんなソーシャルメディアがくると思いますか?」という来年の「テーマ」に関する質問です。様々な雑誌でもこうした翌年のトレンド特集を組む時期ですから。

 過去、日本のインターネット広告業界、特にソーシャルメディア分野においては、毎年のように注目サービスが年変わりで推移してきた歴史があります。

2005年: 企業によるブログの開設ブーム
2006年: 大手SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のミクシィが上場し、mixiの企業コミュニティに注目集まる
2007年: 3次元仮想空間サービス「セカンドライフ」を使ったマーケティングがバブルに
2008年: 動画投稿共有サイト「YouTube」のバイラルビデオブーム
2010年: Twitterに注目集まる
2011年: 世界最大のSNS「Facebook」に注目集まる

 ざっと振り返るとこんな歴史になります。

 実際、ユーキャンの新語・流行語大賞を振り返るとこんな感じです。

2005年: トップテンに「ブログ」がランクイン
2006年: トップテンに「ミクシィ」がランクイン
2010年: トップテンにツイッターを象徴する「なう」がランクイン

 このようにインターネット広告業界の注目する対象が、流行語とシンクロしていることが良く分かります。

コメント0

「企業と顧客を結ぶソーシャルメディア」のバックナンバー

一覧

「「来年流行するソーシャルメディアなど何でもいい」と言えるワケ」の著者

徳力 基彦

徳力 基彦(とくりき・もとひこ)

アジャイルメディア・ネットワーク

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 代表取締役社長。NTTやIT系コンサルティングファームなどを経て、2006年にアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員