• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

例えばフェイスブックに振り回されない

「ブレない組織、ブレない生き方」実現のためのヒント(1/2)

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2011年12月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

フェイスブックは止まらない?

 このコラムは今年(2011年)の冒頭から、「ブレない組織、ブレない生き方」というテーマで書いてきた。このあたりで、「ブレない組織、ブレない生き方」になる(する)ためのヒントを、今週と来週の2回にわたってまとめてみたい。なるべく身近な例を引いてお話ししていこうと思う。

******

 日本におけるフェイスブック(Facebook)のパソコン(PC)による利用者数が、この8月に1000万人を超えた(ニールセン・ネットレイティングス調べ)。調査時点ではミクシィ(mixi)やツイッター(Twitter)に及ばないようだが、現時点で追い抜いているのは間違いないだろう。200万人から1000万人にまで到達するまでの期間は、ツイッターの13カ月に対して、12カ月だ。フェイスブックの拡大の勢いは、しばらく止まりそうにない。

 ニールセンのニュースリリースによると、フェイスブックは「(昨年までの)“知る人ぞ知るサービス”から、一般的なサービスとなった」(ネットレイティングスの西村友博シニアアナリスト)わけで、利用者の利便性も一気に高まるだろうと予想している。ちまたでは、先行した人たちが興奮気味に勉強会を開き、専門のコンサルティング会社は夢のようなサービスであるかのように未来を語る。

 彼らは言う。「フェイスブックはこれまでのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)とは全く違うのです。実名制がルール(実名で登録することが前提)だから、ネットワークに対する信頼性が高い」と。

 でも私などは、「待てよ、本当にそうだろうか」と考えてしまう。“全く違って”すごいのかもしれないが、実際は、あるいは自分にとっては、そうでもないかもしれないぞと。

 私は早々にアカウント(登録)だけは取っていたが、しばらく様子を見ようと積極的に活動してこなかった。自分から「友達」申請をすることも躊躇(ちゅうちょ)してきた(本当の友人からの申請をいただくのは大歓迎なのだが)。相手は気持ちよくOKしてくれるだろうか、もしも悩ませてしまったり、断わらせる(実際は無視するだけだが)ことになったら申し訳ないなと考えてしまう。

 「そんな古臭い感覚では、この素晴らしい仕組みを使いこなせるわけがないよ」と、フェイスブック信者の方からは言われるのだろう。私とて勉強会にも何度か参加したし、素晴らしさを分かっていないわけではない。例えば音信不通だった人たちが、今でも元気に活動していることを知れた。フェイスブックがなかったらきっと得られなかった体験だ。「だって単純に楽しいでしょ」というのも分からないではない。

 しかし私にはメリットの一方で、デメリットがあまりにも語られていないように思えるのだ。そもそも忙しい人にとっては時間がない。私の場合、ミクシィは受信専門で時々コメントをする程度、ツイッターも情報収集とたまに告知も含めて発信する程度だが、それでもフェイスブックが加わってSNSに向かう時間が増えた。

 ある勉強会に参加した経営者仲間がこぼしていた。「会社に行くとフェイスブックに向かって時間を潰してしまう。ちょっと時間がたつとコメントに返信しなければと、また見てしまう」と。何かの仕事につながるのなら話は別だが、少なくとも勤務時間中は考えものだ。

 またツイッターなどは東日本大震災で活躍した一方で、何気ないつぶやきが人を傷つけたり、大騒動を巻き起こしたり、自身の破滅につながったりという報告も多数されている。実名制のフェイスブックとなると、さらに慎重な言動が求められると思うのだが。果たして利用者にそうした覚悟があるのだろうか。私などは書いては思い直して消すこともままある。

 「取引先の誘いを仕事を理由に断ったのだが、その時間にサッカー観戦をしていたのがバレて気まずくなった」といった話もよく聞く。位置情報などはビジネス利用での可能性の半面、本人が直接狙われたり、留守宅を狙った犯罪にも利用されかねない。

 現状では個人事業や著名人などを除けば、大きくお金と時間を投資する割には、直接的にビジネスにつながるような仕組みでもなさそうだ。ビジネス版として新たに上陸しようとしているリンクトイン(LinkedIn)にしても、どうだろう。そうだ、数年前に大騒ぎしていたバーチャル(仮想)空間、セカンドライフ(Second Life)はどこに行ってしまったのだろう…。

コメント6

「武田斉紀の「ブレない組織、ブレない生き方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授