• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

年末年始に読んで欲しい「自分改善」

2011年12月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 期末や年末は、振り替える時、見直す時と言っても良い。企業であろうが、個人であろうが同じだ。これまで行ってきた活動の成果を振り返る時であるからだ。達成できたのか、できなかったのかが、実感出来る時なのだ。そして、次の一年にむけて何をやめ、何を始めればいいのかを、じっくり考える時なのだ。

 そこで、ファンクショナル・アプローチ(FA)のテクニックを使った自分改善を紹介する。日常から一歩離れて、じっくり取り組んでもらいたい。最後には、フレームワークを用意した。そのまま埋めれば、アクションプランの出来上がりだ。

自分を改善してみないか

 FAは、視点を変える方法論である。これまで問題解決、改善、改革、企画、開発、発明、発見などに大きな効果を生み出している。その適用範囲は実に広く、企業活動にも個人活動にも活かしていける。プロダクトやプロセスを対象に行うことが多いが、実は、自分自身を改善する時にも使えるのだ。

 もちろん、FAでしか改善できないものではない。がむしゃらに努力する人、専門家のアドバイスを受ける人、道具を使って変えていく人、新しい環境に飛び込んでいく人、いろいろだろう。自分にあった方法を使っていけばいい。

 しかし、FAの最大の特徴は、その本質を捉えていくことが出来る点だ。現行方法を分析しながらも、現行方法に囚われず、あるべき姿に向かっていけるのだ。先入観や固定観念から逃れることができれば、それだけで改善の緒が見つかるものだ。FAの最大の特徴は、手段ではなく目的をフォーカスする点なのである。

 だから、自分改善にFAを活用してもらいたい。まだまだ改善できるはずだ。いくら他人の知恵を借りても、本質が改善できなければ意味が無い。本質をしっかり捉えて欲しい。新しい自分の創造だ。「自分3.0」にバージョンアップする時だ。

改善とは高みを目指すこと

 果たして改善とは、何だろうか。筆者の理解はこうだ。不備を正すような受動的な活動ではなく、より高みを目指す能動的な活動である。つまり、環境に合わせた順応であり、成長であり、進化であり、発展なのである。だから改善にゴールはないのだ。常に改善への努力、調整を続けていく「自分への挑戦」ということなのだ。

 問題解決というのもある。同じような意味で使われる。筆者の理解はこうだ。問題解決とは、ある活動を進める上で、障害となる事象を障害でなくする活動である。つまり、取り除いたり、乗り越えたり、回避したりするコトである。

 そうすると、改善と問題解決の関係はこのようになる。改善とは、問題解決を繰り返しながら、高みを目指すことである。端的に言えば、「改善」とは長所を増やすコトであり、「問題解決」は短所を減らすコトである。ソフトウェアで例えるなら、「問題解決」がバグ修正で、「改善」がバージョンアップと表現できる。お分かりいただけただろうか。

 だから、自分を改善してもらいたい。ただ問題を解決するのではなく、高みを目指してもらいたいと言うことだ。そこで、FAという方法論を使った、自分改善の手順をご紹介する。この作業は、最低でも年に一度、時間を作って行なってもらいたい。

自分を改善する手順

 はじめに全体の手順を説明しておく。全部で4つだ。1つ目は「準備」、2つ目は「認識」、3つ目は「分解」、4つ目は「再構築」である。本来はその後に、「実行」と「測定」があるが、ここでは述べない。なぜなら、最初の4つは一気に行うものであり、とても重要な手順だからだ。残りの2つは、時間をかけて行うものなので、ここでは省略する。

1つ目「準備」

 この手順で行うことは、改善環境を整えることと、必要な情報を集めることである。改善環境とは、時間と場所の確保だ。大切な改善なだけに、集中できる環境を整えて欲しい。必要な情報とは、自分に関する情報だ。やっている「コト」、やらなければならない「コト」、やりたい「コト」を捉えることである。

2つ目「認識」

 この手順で行うことは、「コト」の役割を見つけ出すことである。「準備」でいろいろな「コト」を集めた。その集めた「コト」はどのような役割や働きがあるのかを、抜き出すのだ。その際、誰に対してなのか、誰のためなのかについても認識しておくことだ。

3つ目「分解」

 この手順で行うことは、役割をファンクションに置き換えることである。その際、名詞と動詞の2語で置き換えるという決まりがある。しかも、動詞は他動詞を使うのだ。「名詞+他動詞」の表現に置き換える手順といっても良い。

コメント0

「横田尚哉のFAで考える日本再生」のバックナンバー

一覧

「年末年始に読んで欲しい「自分改善」」の著者

横田 尚哉

横田 尚哉(よこた・ひさや)

ファンクショナル・アプローチ研究所

顧客サービスを最大化させる経営改善コンサルタント。米GEの価値工学に基づく改善手法を取り入れ10年間で総額1兆円の公共事業改善に乗り出し、コスト縮減総額2000億円を実現させる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長