• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

サムスンが舵をとるデジタルの黒船~たった四杯で夜も眠れず

  • 石原 昇

バックナンバー

2011年12月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「泰平の眠りを覚ます上喜撰(蒸気船)、 たった四杯で夜も眠れず」― ―緑茶の高級品「喜撰」を4杯飲んだだけで、夜眠れなくなった(異国からの蒸気船が4隻現れただけで、国内が騒乱し夜も眠れなくなった)。幕末、黒船が来航した時に詠まれた狂歌が示すのと同じ状況が、21世紀の今日、デジタル・デバイスの世界で再現している。

 デジタル・デバイスの4杯とは、「スマートフォン」「タブレット端末」、電子看板の「デジタルサイネージ」、ネットと融合した次世代テレビの「スマートTV」である。米国勢のアップル、グーグル、アマゾンなどに伍して、韓国のサムスン電子がすべての製品で上位に食い込んでいる。

スマホでアップルを抜いて世界トップに

 サムスンが世界で販売した携帯電話は、2010年に2億8000万台、2011年は11月末までに3億台を超えた。単機能のベーシックフォンや高機能のフィーチャーフォンに加え、成長を牽引しているのはスマートフォン(通称スマホ)である。2010年6月に発売した「GALAXY S」は販売台数が2000万台に達した。さらに2011年4月に投入した「GALAXY S II」は5カ月間で1000万台を突破。同社の携帯電話では、最短で1000万台を記録した。

 2011年7~9月期、サムスンのスマホの販売台数は2800万台、世界シェアは22.8%となった。アップルのiPhoneの1700万台、シェア13.8%を抜いて世界トップに躍り出た。スリムでスタイリッシュなデザインに、高性能なデュアル・コア・プロセッサを搭載。アプリケーションや動画の再生などをサクサク実行できる点が人気の元になっている。

 スマホ事業が急拡大した結果、サムスン電子の7~9月期の通信部門の営業利益は、2兆5200億ウォン(売上高営業利益率16.9%)となり、半導体部門の同1兆5900億ウォン(同16.7%)を初めて上回った。携帯電話やスマホが同社の最大の稼ぎ頭に成長した。

六本木ヒルズの一角でサムスン製品を大々的にキャンペーン

 最新機種も続々と投入している。アップルが10月に発売した「iPhone4S」に対抗して、2011年11月以降、高速通信サービスのLTE対応機や、最新版のAndroid4.0搭載機を発売している。

 日本では、NTTドコモが開始したLTEサービス「Xi(クロッシィ)」に対応する「GALAXY S II LTE SC-03D」を11月24日に、世界初のAndroid 4.0を搭載した「GALAXY NEXUS SC-04D」を12月2日に発売した。

タブレット端末ではアップルを追いかける

 電子書籍元年と呼ばれた2010年。アップルの「iPad」、アマゾンの「Kindle」、サムスンの「GALAXY Tab」など電子書籍が読めるタブレット端末が相次いで日本に上陸した。市場が2兆円を切り、長期低落傾向が続く日本の出版業界は「黒船来襲」と表現して危機感を募らせた。

コメント9件コメント/レビュー

とても参考になりました。日本の企業文化には強みと弱みがあり、世界市場を見据えたマーケテイング力は苦手な方に思えます。特に技術・市場・景気循環変化の激しいハイテク業界はコツコツ型・農耕型の日本には不向きな業態になってきている様に思えます。小生、学生時代から、不得意科目ではなく、得意科目で勝負する方でした。日本企業も、得意のおもてなし力や、超精密加工・精密グラフィック等で強みを生かせれば良いと思います。 また、グローバルマーケテイング力によってハイテク世界市場で勝っている東京エレクトロンの様な日本企業もあるので、注目しています。(2011/12/31)

「石原昇の「21世紀の黒船たち」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

とても参考になりました。日本の企業文化には強みと弱みがあり、世界市場を見据えたマーケテイング力は苦手な方に思えます。特に技術・市場・景気循環変化の激しいハイテク業界はコツコツ型・農耕型の日本には不向きな業態になってきている様に思えます。小生、学生時代から、不得意科目ではなく、得意科目で勝負する方でした。日本企業も、得意のおもてなし力や、超精密加工・精密グラフィック等で強みを生かせれば良いと思います。 また、グローバルマーケテイング力によってハイテク世界市場で勝っている東京エレクトロンの様な日本企業もあるので、注目しています。(2011/12/31)

スマートTVって何ですか?よくわからないんですよね、スマートTVが何なのか。定義を教えて下さい。(2011/12/29)

コメントを読むと面白いですね。韓国やサムスンを持ち上げてらして。サムスンが人材育成に力を入れているというのはどこの情報でしょうか。また、韓国が黒船というのはいつの時代のことですか? まだ中国が脅威である、という論調のほうが納得いきます。サムスンの手がける4つの商品がどれほどの脅威だというのでしょうか。スマホ? タブレット? デジタルサイネージ? スマートTV? それらの製品の部品がすべてサムスン製だとでも言うのですか? 商品として表に出るのはサムスンだろうがアップルだろうが変わりはないわけですよね。日本の企業は貿易摩擦を経験して最終製品を売るよりも部品を売った方がいいという風にシフトした部分は無視でしょうか?(2011/12/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長