• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ムダになったモノを集めて幸せと成す

鳥取県智頭町の疎開保険作戦

  • 吉田 就彦

バックナンバー

2012年1月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ヒット商品やヒットサービスが自社にはなかなか出ないと嘆く経営トップの悩みや、結果がなかなかついてこないことから焦燥感を感じている現場の原因は、実はいつの間にか社内にはびこった、行き過ぎた効率化の後遺症なのではないか。

 ITを駆使する効率的経営を指向するあまり、せっかく生まれようとしているヒットの芽を摘み、ビジネスチャンスにチャレンジする気運がそがれているのではないか。

 現在の日本の閉塞感の本当の原因は、見える化の行き過ぎが生む衆人環視から起こる「最適化の罠」にはまっていることなのではないか。

 この連載コラムでは、その罠にはまらなかった好例や、はまってしまった悪例を交えて論じることで、日本が元気になっていく智恵のひとつとして「最適化の罠」からの脱却を提言する。

 第7回目のテーマは、もっとも人口が少ないと平井伸治県知事も宣伝している過疎の鳥取県の中で、逆のその過疎が生むゆとりある空間や温かい人のつながりを逆手にとって、「疎開保険」というコンセプトで都会と田舎をネットワークして町の活性化に取り組んでいる鳥取県智頭町の挑戦に迫る。

日本で最も人口が少ない県「鳥取県」

 皆さんは、鳥取県の事をどれだけご存じだろうか。今や「ゲゲゲの女房」の大ブレイクで、年間400万人の観光客が訪れ、2011年の第3回観光庁長官表彰受賞を受けて話題となった「水木しげるロード」のある境港市や、往年の大観光地鳥取砂丘は思い浮かぶものの、島根県とどっちが東側に位置しているのかをはっきり言える人は少ないのが実態ではなかろうか。

 羽田空港に向かうモノレールの浜松駅に張られたポスターでは、県知事自ら、「日本で一番人口が少ない県」とアピールしている状況で、わずか59万人の県であり、それは84万人の世田谷区よりも遥かに人口が少ない県であるということを意味している。

 そんな鳥取県の東南に位置し、1000メートル級の中国山脈の山々に囲まれて、総面積の9割以上を山林が占めているのが「鳥取県智頭町」である。国定公園那岐山からは、西に大山、北に鳥取砂丘が望める文字通り自然の宝庫であり、現在だんだん無くなりつつある日本の原風景をいまだに残している土地でもある。

 ある意味では自然しかないこの土地が今注目を集めている。それは、杉以外何にもないと思われている智頭町だからこそ可能となる逆転発想が生んだ地域未来への可能性ともいうべきものなのだ。

智頭町疎開保険とは何だ?

 そんな田舎の町智頭町が生み出したユニークな商品がある。それが智頭町疎開保険だ。この日本初の保険は、災害を切り口とする地域間交流、物流、商流による地域おこしとして、智頭町が独自に企画した保険商品である。もし加入者の住まいの地域が地震などの災害に見舞われた時に備えて、その際にストレスの多い避難場所から智頭町へ疎開することを提案する保険で、7日間智頭町で生活できる場所と食事を確保して提供するという内容になっている。

 募集主体は智頭町役場であり、対象は日本在住の方ならだれでも可で、災害救助法が発令された地域の加入者に、1泊3食7日分の宿泊場所と食事の提供をうたい、1人1口年間1万円という保険料が提示されている。

 その疎開の最中は、キャッチフレーズの「みどりの風が吹く疎開のまち」のとおり、自然に親しみ、ゆったりと過ごしてもらおうというわけだ。加入者特典には智頭町自慢のこだわりのお米や野菜などの特産品が送られてくる。至れり尽くせりのサービスだ。

コメント8件コメント/レビュー

個々の所日本では効率化や改善といいつつ、定型のルーチンワーク的に見て、目的以外のものをムダとして削いでしまってきた。それがガラパゴスと言われるように、環境変化(良品大量生産からコスト優先品と上質な少量の本物の二極)に対応できなくなった。という所ではないだろうか?(2012/01/10)

「ムダこそが大ヒットへの近道――最適化の罠」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

個々の所日本では効率化や改善といいつつ、定型のルーチンワーク的に見て、目的以外のものをムダとして削いでしまってきた。それがガラパゴスと言われるように、環境変化(良品大量生産からコスト優先品と上質な少量の本物の二極)に対応できなくなった。という所ではないだろうか?(2012/01/10)

クルマのハンドルに”遊び”というものがありますね。少々のハンドルのブレを防ぐためや、誤操作や振動を軽減するために意図的にゆとりを持たせたものです。一見無駄な機能のようにも見えますが、この”遊び”の部分があることによって、車は真っ直ぐ安全に走ることができます。F1マシンのように完璧な走りを追求するために作られた車は、ハンドルに遊びの部分がありません。F1ドライバーのような非凡な人間なら乗りこなせるのでしょうが、一般人が乗れば一瞬の誤操作で大事故に繋がるでしょう。大多数の一般人は、F1ドライバーではないのですから、遊びが一切ない完璧で最適化された走りを目指す必要もないかとも思います。一般民衆にF1ドライバーのような遊びが一切ない走りを強要した結果、日本の社会システムそのものがクラッシュした。それが、今の日本社会のようにも思います。無駄の中にも、ちゃんと意味があり、こうしたものから余裕だったり、比類な発想が生まれるということを肯定すべきでしょう。(2012/01/07)

智頭町のホームページから予算/決算を少し拝見しました。記事で紹介された森林セラピーなどの事業は、今のところ知名度を上げるべく、様々に取り組んでいる状況のように思えました。地域の方も、まだ住民が一丸となって・・・という段階ではなく、リーダーの方たちが盛り上げに努力されているのでは、と想像します。 私の居住地も人口減少と高齢化が問題になっており、産業構造も類似した地域での取組みですので、活性化対策の成功例となるよう、期待したいと思います。(2012/01/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長