• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「知性の失敗」のユーロ、「自由の失敗」のアメリカ

池上彰×岩井克人対談 「お金の正体その2」

2012年1月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年、欧州ではユーロ危機が起きましたが、その前に世界を襲った「お金の危機」、それはなんといっても、米国で2007年のサブプライムショック、2008年のリーマンショックです。

 80年代末の東西冷戦の終結と相前後して、アメリカを中心とする金融市場は規制緩和をどんどん行い、実体経済を超える巨大なお金が動く世界ができあがりました。自由放任、新自由主義を標榜し、市場原理ですべてを解決しようというこの流れ、はたして正しかったのでしょうか?

 ユーロ危機が「知性の失敗」だとすると、アメリカの金融危機はさしずめ「自由の失敗」である、と看破する岩井克人・東大名誉教授に、引き続き「お金の正体」に迫っていただきましょう。

池上:欧州の人たちが知性を結集して創り上げた共通通貨「ユーロ」。しかし、そのユーロによる経済圏が危機に直面しています。前回は、岩井先生に、なぜユーロ構想がうまくいかなかったのか、なぜ共通通貨ユーロが失敗したのか、その理由を説明いただきました。お金、そして経済という元々管理が難しいものを、「人間の知性」でコントロールしようとしたのが失敗の原因である、というお話でしたね。

岩井:はい。ユーロを通じて平和で安定的な欧州社会を創ろうという意気はよかった。もっと時間をかければ成功したかもしれません。ですが、あまりに拙速でした。

池上:このユーロの失敗を見て、意気軒昂なのが、経済の自由放任主義を標榜してきた経済学者ミルトン・フリードマンを筆頭とする英米の自由主義経済派、リバタリアンの人たちですね。「ほら、今までさんざん我々が主張した通りではないか、お金や経済など、人がコントロールするものじゃない。市場に任せろ」という意見です。

岩井:たしかにユーロの失敗だけを眺めると、新自由主義の相対的勝利に見えます。けれども、私の意見は違います。今回の金融危機はむしろ「市場の見えざる手にすべて任せよう」というフリードマン派の思想の崩壊の始まりです。

ユーロ危機=「知性の失敗」をもたらしたのは新自由主義?

池上:自由放任主義もまた崩壊しようとしている。つまり、今、意気軒昂なフリードマン流の経済政策も間違っているということですか?

いわい・かつひと氏
1947年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業。マサチューセッツ工科大学Ph.D.。イェール大学助教授、東京大学経済学部教授などを経て、現在は国際基督教大学客員教授、武蔵野大学特任教授、東京財団上席研究員も務める。"Disequilibrium Dynamics"にて日経経済図書文化賞特賞、『貨幣論』にてサントリー学芸賞、『会社はこれからどうなるのか』にて小林秀雄賞受賞、ほか著書多数。(写真:丸毛 透、以下同)

岩井:そうです。彼らはユーロ危機における共通通貨ユーロの失敗だけをつついているのですが、ユーロ危機の原因を辿っていくと、通貨統合のみならず、新自由主義経済の失敗が後ろに隠れていることがわかるからです。

池上:え、具体的にはどういうことでしょうか?

岩井:2011年、ユーロ危機の前に起きた世界を襲う「お金の危機」、それは2007年のサブプライムショックであり、2008年のリーマンショックでしたよね。

池上:あ、たしかにそうですね! 2008年9月15日にアメリカの大手投資銀行リーマン・ブラザーズが破綻し、世界同時不況の引き金を引いたのでした。そのリーマンショックのさらに遠因を辿ると、米国の住宅バブル崩壊とセットとなった2007年のサブプライムローン問題がありました。

岩井:ユーロ危機の前に、まず新自由主義経済の総本山である米国で、自由主義経済の主役でもある金融市場が崩壊した。この事実を見逃してはなりません。その結果、米国に投資していた欧州の金融機関が経営危機に陥り、ユーロ各国も、その救済に乗り出さざるを得ませんでした。その巨大な余波が、ギリシャやイタリアの国家破綻の危機の遠因にもなっているわけです。つまり、ユーロ危機の一部は、アメリカの金融危機によってもたらされたのです。経済における「知性の失敗」が起きる以前に、「自由の失敗」がまずあった。

池上:たしかにおっしゃる通りです。では、新自由主義経済とはそもそも何だったのか。そこから振り返って、岩井先生に「新自由主義の失敗」について、ご説明願いましょう。

岩井:資本のグローバル化が本格的に始まったのは1980年代からですが、既に1970年代のニクソンショックによって、世界中の為替の大半が変動相場制へと移行し、資本の移動をうながしました。70年代末から80年代初頭にかけて登場した、米国のロナルド・レーガン政権、英国のマーガレット・サッチャー政権は、フリードマン思想に影響を受けて、さらなるグローバル化を進めたのです。

コメント15件コメント/レビュー

お話を聞いて疑問に思ったことが一つあります。自由放任主義経済派の人達は、株式会社による有限責任の扱いはどう主張しているのでしょうか?本当に自由にするなら責任を制限するようなことは主義に反するのではないかと思います。金融機関では株式会社は廃止して、合資会社にすべきではないかと思います。そうすれば会社が破綻しら全財産をもって経営者が責任をとる必要があります。そうなれば高給をとっていても世間は納得がいって、救済をみとめるのではないでしょうか。(2012/01/17)

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「「知性の失敗」のユーロ、「自由の失敗」のアメリカ」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

お話を聞いて疑問に思ったことが一つあります。自由放任主義経済派の人達は、株式会社による有限責任の扱いはどう主張しているのでしょうか?本当に自由にするなら責任を制限するようなことは主義に反するのではないかと思います。金融機関では株式会社は廃止して、合資会社にすべきではないかと思います。そうすれば会社が破綻しら全財産をもって経営者が責任をとる必要があります。そうなれば高給をとっていても世間は納得がいって、救済をみとめるのではないでしょうか。(2012/01/17)

前回よりとても期待して待っていました。特に「お金」とは何か? 貨幣による経済は私たちを幸せにしてくれるのか? 金銭資本主義的な民主化によるグローバリゼーションとは何か? そして私が抱えている課題に対する疑問の数々・・・。 持続可能な社会を目指す為に「お金」による費用対効果や投資対便益といった判断基準は有用と言えるのか? 貨幣による金銭価値も相対的なものでしかなく、絶対的・普遍的なものではないのではないか。 地球温暖化防止や各種の環境問題への取り組み策に対する金銭経済的インセンティブは欺瞞じゃないのか?それも人為的バブルとして破綻するのではないのか? ・・・いろいろ錯綜する疑問に対して、期待以上の背景を知ることが出来ました。 ●人間が生み出した発明品のひとつである貨幣が、それ自体が悪いのではなく、それを運用する人間が作った間違ったルールやシステムが、悲惨な結果を招くのですね。人間の賢さも愚かさも「お金」の使い方と仕組みによって左右されてしまうのですね。(自由放任主義的な金融経済の社会というのは、そのまま人間の持つ欲と業を反映させる無限地獄絵図の世界を想像してしまいました・・・) ●私自身が強い疑問を抱き続けている事は“リスク社会”と云われる事や、その確率論的リスクとの併存(許容)社会といった構造に対して、お金(金銭/貨幣)の果たす役割りは善か悪か?有用か弊害か?といった素朴な事です。おかげで少し分かったような気がします。(ronpapa)(2012/01/17)

読み応えがありました。ユーロの危機は貨幣統合に伴う人口流動(市場の活性化の度合いに応じて)が上手く機能せず、各国の地方格差が解消出来ない所か拡大したため、という評論を読んだことがあります。壮大な実験なのに失敗して欲しくは無いですね。それよりも米国の金融資本主義の現状は深刻なんですね。(2012/01/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員