• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大学4年間で読む本の数、日本は100冊、米国は400冊

「大学生は必死で勉強するもの」を常識に!

2012年1月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、日本は今何よりも教育に投資しなければならないにもかかわらず、教育に対する公的支出のGDPに対する比率がOECD加盟国中で最低であることを指摘した。特に知識集約型産業を育成するためのカギとなる高等教育(大学)への支出はGDP比で0.5%。OECD加盟国平均(1.0%)の半分でしかないのは深刻な問題である。

 このデータを紹介した後、何人かの方からご指摘を頂いた。「日本の教育においては公的部門ではなく家計が大きな投資を行っている」というものである。

 この指摘はある意味では正しい。

 国家全体として教育に対して支出している総金額のうち、家計を中心とする私的支出が占める割合を見ると、OECD平均が16.5%であるのに対して日本は33.6%と2倍の水準にある。この数値はチリ(41.4%)、韓国(40.4%)に次いでOECD加盟国中3番目の高さである。また、これからの日本経済を支えていく知識集約型産業に直結する高等教育に限って見ると、公的支出は対GDP比で0.5%とOECD平均の1.0%の半分にすぎない。一方で高等教育に対する私的支出は対GDP比で1.0%と、OECD平均0.5%の2倍も負担しているのである。日本の教育は公的な財政支出の少なさを家計が補って支えていると言うことができるのである。

 この事実は国家の教育方針にとどまらず、社会構造に対して重大な影響を及ぼしていることに留意しなければならない。

家計依存は社会階層を固定化する

 その重大な影響とは「社会階層の固定化」の問題である。高いレベルの教育を受けるためには家計を中心とした多額の私的負担が必要となる――とすると、教育機会の獲得において裕福な家庭の子女の方が圧倒的に有利となる。裕福な家庭の子女は両親の経済力によって高度な教育を得て、高収入が得られる職業に就くことができる。

 一方、貧困層は高額な学費が負担できないため、高学歴-高収入のキャリアルートに入ることが難しい。その結果、裕福な家庭の子女はまた裕福になり、貧しい家庭の子女はやはり貧しいまま、という社会階層の固定化が発生することになる。教育支出における家計依存は社会階層が固定化する原因になっているのである。

コメント10件コメント/レビュー

マンガは本の数に入ってるんでしょうか?週刊誌は?ネットのコラムとかは?新聞は?日本は、世界的にみても広く新聞を購読している国なんじゃないでしょうか?一日の新聞を一冊の本に換算すると、すでに4年で1000冊以上じゃないですか?週刊マンガや雑誌も含めると+400冊以上、上乗せされるんじゃないでしょうか?情報ソースが多様になった現在、本の数だけでは何も判断できないと思いますけどね。どんなジャンルの情報を、どうやって取りに行っているか?ってのは興味があります。(2012/01/13)

「成熟時代に突入した日本へのアジェンダ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

マンガは本の数に入ってるんでしょうか?週刊誌は?ネットのコラムとかは?新聞は?日本は、世界的にみても広く新聞を購読している国なんじゃないでしょうか?一日の新聞を一冊の本に換算すると、すでに4年で1000冊以上じゃないですか?週刊マンガや雑誌も含めると+400冊以上、上乗せされるんじゃないでしょうか?情報ソースが多様になった現在、本の数だけでは何も判断できないと思いますけどね。どんなジャンルの情報を、どうやって取りに行っているか?ってのは興味があります。(2012/01/13)

なぜ、日本の学生が勉強しないか。理由は、大人が勉強していないからだ。勉強してきた、そして、勉強している大人の「凄み」を学生たちが知らないからということであり、つまりは、かれらが接触している、もっとも勉強しているはずの大人、教員が勉強の結果としての「凄み」を学生や生徒に示していないからである。では、なぜ大人が勉強してこなかったのか、それは結局(大人たちの)志が本質的な点で低かったからであり、小さな成功で満足してしまったからである。理由の分析は、もちろん、もっと詳細に行なわなければならないが、小生は、一応地方進学校を預かる身として、ほぼこういう分析に基づいて、少なくとも、「素質ある」生徒がただの受験秀才(これは本物の勉強をしなくてもなれる)の線を突き抜けた、言うならば、世界水準で通用するようなスケールに育ってほしいと思い、刺激をしているのだが、余り、スケールを大きくしてしまうと、日本の大学の入試には(実は大概心配には及ばないとしても)失敗してしまうかもしれないという雑音も生じてしまう。いずれにせよ、同世代同水準の青年がどう振る舞っているのかを知らせるところから始めなければならないのが情けない。これは海外修学旅行とか短期海外留学とかではわからないことである。設問の一としては、かくかくしかじかの国の社会でしかるべき社会的階層に属する形で(日本の官庁や企業を背景にせずに)生きていけるか、ということも、問いかけるのもよいと考えている。(2012/01/13)

大学の学部が「就職学部」になりつつある状態で、企業も「即戦力」「人間力」「協調性」など不明瞭な項目を中心に選考しています。海外の学生の目標は学位の取得でしょうが、日本の学生は大学を卒業するまでに就職を決定させることが目標です。日本の学生は現状に対してはとても良く勉強していると感じています。本を読まないのは当たり前でしょう。学部の勉強の本を読んでも目標の達成とは無縁なのですから。(2012/01/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長