• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「年賀状」はどこから来たか?

初詣の源流探訪、その3

2012年1月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 少し前、意外に思った事がありました。ある若い学生が「旧かな遣い」というものを大昔のものと思っていたんですね。その人は古文などで習う「旧かな」を江戸時代「あたり」のものと考えていた、近代以降は使われなくなったものだと認識していた。

 まあ確かに、明治以降、日本語は大きく変化しました。「なになにで候」なんて日本語は、元来は武家の言葉で、幕藩体制までの公文書では一貫してこれが使われている。ところが明治以降、新政府はこれを基本的に公文書では廃止してしまい、逆に士族を中心に私信などに「そうろう文」が残っていたりする。

 しかし公のシステム、例えば「学制」が施行され義務教育が実施されると、それに入ってこない江戸時代以前の日本語は、必然的に影が薄くなってゆきます。

 ぎゃくに、明治以降の小学校の「読本」に使われていた仮名遣いなどは、1945年までは世の中で普通に通用していました。「・・・でせう」(・・・でしょう)とか「てふてふ」(蝶々)といった文字の遣い方はごく当たり前のものだった。

「ウヰスキー」じゃないと不味そう

 まったくの余談ですが、私の両親は父母ともに大正年間(1912-1926)生まれで、当然ながら1945年以前に学校に通っており、旧かなで最初の教育を受けました。敗戦後のさまざまな改革の中で「新かな使い」も遣うことを覚えさせられましたので、二つの日本語を使い分けていました。

 公のものは新かなで記さなければなりません。しかし子供の頃から使ってきた「自分自身の思考をつづる文字」は旧かなです。子供の頃、帰宅すると母が留守で、おやつと一緒にメモが置いてあったりして

「寒かったでせう」

なんて旧かな遣いの混ざった文字を普通に見てきたので、私自身もどこか感覚が狂っていて、仮名はやはり旧かなでないと「本当のニュアンスは伝わらない」と思っている所が、実はあります。

 先日、家の奥のほうを整理していて、父親が遺した仕事のメモやノートが出てきましたが、当然ながら全部旧仮名でした。父の場合、戦争が終わったときには満州にいて、シベリア抑留後もどってきてからの「戦後日本」なので、急かなの傾向はより強かったかもしれません。

 また、やはり大正生まれの伯父は

「『ウイスキー』なんて水で薄めてありそうで不味そうで見れたもんじゃない。やはりウヰスキーはウヰスキーじゃなきゃ」なんて事をよく言っていました。

コメント3件コメント/レビュー

コメントにありましたが、神社に参拝するのは、やっぱり建物という物体ではなくて、西行法師が伊勢神宮に参拝した折に詠んだ歌「なにごとの おはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」という感覚があるのだと思います。地鎮祭で四隅に榊を置いて結界をはるだけで、もう聖なる空間が出来る。尊いものを尊いとみなすよう意識ができるように心境を上げられるかどうかが問題であり、空間の荘厳さや音響を操作してメッセージを如何に伝えるかという観点からだけみていると、大事なものを見失う可能性もあるかもしれないと思いました。(2012/01/19)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントにありましたが、神社に参拝するのは、やっぱり建物という物体ではなくて、西行法師が伊勢神宮に参拝した折に詠んだ歌「なにごとの おはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」という感覚があるのだと思います。地鎮祭で四隅に榊を置いて結界をはるだけで、もう聖なる空間が出来る。尊いものを尊いとみなすよう意識ができるように心境を上げられるかどうかが問題であり、空間の荘厳さや音響を操作してメッセージを如何に伝えるかという観点からだけみていると、大事なものを見失う可能性もあるかもしれないと思いました。(2012/01/19)

食国を植民地的支配と同じと考えるのは、西洋キリスト教に染まった現代からみた考え方で、実状は少し違うように思いました。明治以降の国家神道も西洋的な国家統治の方法を取り入れていて源流である古神道とは違っているようです。古神道では、食べ物は「頂きます」と必ず感謝して頂くものであって自分より尊いものであり、命を提供して下さったもの達が喜ぶような生き方を自分自身がするよう戒めるという考え方をします。万葉集では「御食国」と敬語表現で賞賛する歌で書かれています。そうすると、食国で表される統治の構造は、単純に植民地支配と同じと断定するのは単純化しすぎではないかと思う訳です。確かに支配と隷属の思想をした天皇や将軍もあったかもしれませんが、それは邪道であるという感覚は底辺にあったと思われます。その底辺にある古事記以来の感覚とは、統治者は「親」としての自覚を持って家族である臣民を養い育てるという視点があったように思います。(2012/01/18)

著者を尊敬しているが,この記事に限っては,全体に論理に無理があるようで残念。例えば,「外から建物に対して拍手を打ったり頭を下げたりお金を払ったりしている」人なんてどこにいるのだろうか? 神社の奥に鎮座しているであろう何ものかに頭を下げていることは小学生でも理解しているのでは?(2012/01/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長