• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

経営者たちは震災後の消費自粛とどう戦ったか

震災に負けない人々(最終回)

2012年1月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「あなたは東日本大震災から何を学びましたか?」――
 震災後、私はこの質問を全国のサービス業の経営者達にぶつけ続けた。というのも震災後の明暗が企業によって分かれたからである。同じ旅館でも、廃業や休業、人員整理に追い込まれたところもあれば、いち早く復興して客足が大きく離れなかったところもあった。

 このような大きな災害がどれくらいの頻度で繰り返されるのかはわからない。しかし被害を最小限にとどめ、少しでも早く復興するには、やはり今回の悲惨な経験を可能な限り教訓に変えていかなければならない。そう考え、14人の経営者に緊急でインタビューを実施していった。

 その結果、明らかになった、東日本大震災からの復興で孤軍奮闘した経営者達の物語を、日経ビジネスオンラインのコラム「震災に負けない人々」で18回にわたり連載、それを『お客様を呼び戻せ!』と題した書籍にまとめ、最近出版した。

表 インタビューとコラム掲載日
  インタビュー 掲載
大串哲史
(株式会社オオクシ代表取締役)
4月18日 5月10日
谷島 賢
(イーグルバス株式会社代表取締役社長)
5月6日 5月17日
一條達也
(湯主一條代表取締役、20代目当主)
4月24日 5月24日
阿部憲子
(南三陸ホテル観洋女将)
5月13日 5月31日
中畠信一
(株式会社喜久屋代表取締役社長兼CEO)
5月9日 6月7日
小川晴也
(株式会社一の湯代表取締役)
4月22日 6月14日
鈴木博晶
(株式会社鈴廣代表取締役)
5月18日 6月21日
大西雅之
(鶴雅グループ代表取締役社長)
5月20日 6月28日
武内眞司
(ホテル風早代表取締役)
4月26日 7月5日
福島範治
(鹿沼グループ代表)
5月24日 7月12日
平田裕一
(向瀧代表取締役)
6月7日 7月26日
奥田政行
(地場イタリアン「アル・ケッチァーノ」オーナーシエフ)
6月19日 8月9日
新村 猛
(がんこフードサービス株式会社常務取締役)
6月29日 8月23日
原田英明
(株式会社デリコム代表取締役)
4月25日 9月6日

 そもそもこのインタビューのきっかけを作ってくれたのは、東日本大震災の直接の被害がなかった箱根の老舗温泉旅館「一の湯」の社長・小川晴也さんから届いた一通のメールと、千葉市を中心に理美容室を多店舗展開するオオクシの社長・大串哲史さんとの雑談であった。まだ地震や津波の被害が徐々に明らかになり、首都圏で計画停電が始まったばかりの頃であった。

 小川さんからのメールには次の一文があった。
 「キャンセルの津波に見舞われています」――

 宿泊予約のキャンセルの電話が鳴りやまないことを伝えてきたのであった。このとき私は地震、津波、原発という直接的な被害とは違う何か得体のしれないものが全国に広がっていることを直感した。その正体を正確に理解するために、東北地方だけでなく、北海道から九州まで地震の直接的な被害がなかった地域の経営者達にコンタクトした。

コメント0

「究極のサービス」のバックナンバー

一覧

「経営者たちは震災後の消費自粛とどう戦ったか」の著者

内藤 耕

内藤 耕(ないとう・こう)

サービス産業革新推進機構代表理事

世界銀行グループ、独立行政法人産業技術総合研究所サービス工学研究センターを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授