• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

費用(X)と効果(Y)、同時にとらえる「極座標系」の発想をもて

2012年1月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「安かろう、悪かろう」とよく言ったものだ。これは、価格と品質の関係性を示した言葉だ。その関係性に従えば、安くすれば悪くなるし、良くすれば高くなるという、極めて単純な理屈だ。つまり、同じ方法である限り、この関係性は変わらないということだ。

 しかしユーザーは「安くなっているのに、良くなっている」を求めているのだ。これが改善だ。価格と品質の関係性を変えるためには、それぞれを同時に考えるべきなのだ。それを可能にするのが「価値の程度」とファンクショナル・アプローチで呼ぶものだ。

 同じモノでも、評価軸を変えることで違って見えてくる。つまり、直交座標系か極座標系かの違いだ。企業経営においても、地域再生においても、極座標系による分析が重要だ。失敗しないためにも、3つのポイントを押さえて、極座標で経営分析をして欲しい。

直交座標には落とし穴がある

 直交座標で、全ての測定をしていると、大切な点を見落としてしまう。私たちは、ビジネスでも、プライベートでも、直交座標で目標を決め、達成を測り、改善しているのである。現在点を評価するために、原点との関係を、X軸とY軸に分解するだけだと、肝心のものを見えなくしてしまうということだ。これがビジネスの成長を阻害しているのだ。

 もちろん、直交座標が間違っているというものではない。X軸を費用に、Y軸を成果にとって考えることは、ビジネスでは基本である。原点O(0,0)があり、X軸方向の距離とY軸方向の距離を知ることで、今いる現在点を捉えているのだ。

 ただ、直交座標では、管理上の限界があるのだ。普通、費用の予実管理と、成果の予実管理を行うことになる。ピーターの法則から言えば、費用は予算の値まで増え続け、成果は目標の値を超えることはない。これでは、企業の成長機会を逃しているのだ。残念な企業では、経営側と部門長が目標値の設定をめぐり、力と駆け引きで決めようとしている。

 だから、直交座標を使っている企業は、その落とし穴に気をつけて欲しい。少なくとも、経営者や管理者は必ず知っておいて欲しい。直交座標での経営に、終始してはいけない。X軸とY軸だけではない、極座標での経営にも目を向けるべきなのだ。

極座標で考えることが重要だ

 極座標の経営とは、動径r(アール)と偏角θ(シータ)とで評価しようということだ。簡単にいえば、角度と距離である。どの方向にどれだけ進んでいるのかを測るということだ。たとえ、現在点が同じであっても、直交座標系と極座標系では、異なる表現になるのだ。表現が異なるから、直交座標の落とし穴を逃れることが出来るのだ。

 極座標という概念で経営している企業は、どれくらいあるだろうか。製品やサービスを極座標で測定し、改善している企業は、どこにあるだろうか。極座標をわざわざ使わなくても、直交座標で十分管理できている、と多くの人は感じるだろう。

 確かに極座標という慣れない分析は、躊躇するところだ。むしろ、それが当たり前だろう。しかし、大きな問題に直面している時、革新的な変革を行おうとしている時には、極座標系で考える方がよい。常に前を向いている必要があるからだ。たとえば、船舶の航行は、極座標系で行なっている。方向は舵で、距離は出力でコントロールしている。これだ。

 つまり、ビジネスの進行を極座標で行うことは、目標が明確に見えるということに他ならない。各組織、各担当が同じ目標を意識することが出来る。ベクトルを合わせやすくするのだ。ベクトルが合えば、組織力が発揮され、全体最適に繋がるのだ。

「横田尚哉のFAで考える日本再生」のバックナンバー

一覧

「費用(X)と効果(Y)、同時にとらえる「極座標系」の発想をもて」の著者

横田 尚哉

横田 尚哉(よこた・ひさや)

ファンクショナル・アプローチ研究所

顧客サービスを最大化させる経営改善コンサルタント。米GEの価値工学に基づく改善手法を取り入れ10年間で総額1兆円の公共事業改善に乗り出し、コスト縮減総額2000億円を実現させる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長