「常盤文克の「新・日本型経営を探る」」

「技術多様性」が突破するモノづくりの隘路

信頼性と安全性を取り戻すための3つの視点

  • 常盤 文克

>>バックナンバー

2012年1月24日(火)

1/3ページ

印刷ページ

 昨年は、東日本を襲った大震災によって、日本のモノづくりのあり方が問われることになった年でした。自動車業界を中心に部品や完成品のサプライチェーンが機能を停止したほか、福島第1原子力発電所の事故によって日本の技術の信頼性と安全神話が揺らぎました。今までのモノづくりや技術のあり方に関する議論が噴出した1年だったと言っていいでしょう。

 それが年をまたぎ、間もなく震災から1年を迎えますが、問題意識が徐々に薄れてきているように感じます。そこで今回は改めて、日本のモノづくりや技術のあり方について、私なりに提言したいと思います。

短絡的な安全神話を妄信した日本社会

 最初に挙げたいのは、技術と社会、または人間との対話です。日本の原発については、これまで「安全」だという神話がまかり通ってきました。その根拠は、日本の技術レベルが高いから大丈夫、安全である、という極めて短絡的なものでした。極端なことを言えば、日本の新幹線は開業以来30年以上も大きな事故を一度も起こしたことがないほどの技術力を持つので、日本の原発も安全である??といった具合です。こうした科学技術に対する妄信が、安全神話を支えていたのではないでしょうか。

 ところが、原発の事故が現実のものになってしまいました。こうした根拠のない安全神話がはびこっていた背景には、いくつかの理由があります。まず、技術に関する十分な説明が、社会に対してなされてこなかったことです。

 研究開発の現場にいる技術者が優秀であることには、疑う余地はありません。しかし、現場の技術者の声を会社のトップや官公庁のお役人が聞き流し、技術者に任せきりにしていたり、技術者の方も専門的なことは「分かる人にだけ分かればいい」と考えたりする風土があったと思います。科学・技術は決して万能ではない、限界があるのだということも含めて、もっと実態を一般の人たちに分かりやすく、かみくだいて説明する、また知ってもらう必要があったと思います。


関連記事

コメント

参考度
お薦め度
投票結果

記事を探す

読みましたか〜読者注目の記事