• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2050年以降には世界全体が少子高齢化に直面する

課題先進国・日本ならではのチャンスをつかめ

2012年1月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、人口問題を取り上げさせていただいたところ、ずいぶんたくさんのコメントをいただいた。大半のコメントは、こちらの論旨の問題点の指摘も含めて、至極ごもっともなもので、中には大変勉強になるようなものもあった。ありがとうございます。

 「粗くとも、数字で考える」ことで、具体的な議論が巻き起こる、という当初の狙いが達成できたような気がする半面、反響の大きさは、日本での人口減少・高齢化問題への興味の高さの素直な表れだとも思える。

 そこで、前回の日本のマクロ経済へのインパクトにとどまらず、もう少しグローバルな視点で、人口問題について触れてみることにしたい。

高齢化は日本だけの問題ではない

 まずは、高齢化はグローバルに人類全体を見ても、進行し続けるというポイントから。図表1に、1950年、2010年、2050年の世界の人口ピラミッドを示してみた(国連の2010年推計を基にしたボストンコンサルティンググループ分析)。

 日本のように、上が膨れた形にはなっていないが、細長い三角形が次第にがっしりとした家のような形になっていくのが、見て取れるだろう。65歳以上の方々が世界人口に占める割合は、5%、8%、16%と増え続けていく。

 同じ期間に15~64歳の生産年齢人口は61%、66%、63%という割合なので、生産年齢層が65歳以上の層を支えている割合(65歳以上の人口÷生産年齢人口)は、8%、12%、25%と大きく高まっていく。

 世界全体として見ると、少なくとも2050年までの間は、人口増加が見込まれているので、高齢化の進展に伴う生産年齢人口減少は避けられるだろう。しかし、高齢者が大きく増加することに伴う社会制度の変革ニーズは非常に大きい。新興国の多くでは、年金や医療制度、介護システムの整備が遅れており、過去にない高齢者増への対応が必要となってくるだろう。

 ちなみに、昨年発表された国連の長期推計は、大変に興味深かった。2050年以降の世界の人口を見た場合、新興国で経済成長が進み、出生率が先進国並みになるという前提で試算すると、2050年以降に地球上の人口は減少に転じる、というのだ。もちろん、これは極端なケースだが、かなりの確率で人口増加率が2050年から2100年にかけて大きく低下していくというのがメーンシナリオになっている。

コメント2

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「2050年以降には世界全体が少子高齢化に直面する」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCGシニア・パートナー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経て現在に至る。事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定・実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長