• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「人生の目標?」 独身“キャリア”女性を狼狽させた48歳の岐路

「誰かのため」という思いが人生の後半戦を過ごす力になる

2012年1月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「40歳と45歳はたいして変わらないって思っていたけど、45歳と48歳はえらく違う! まさしく人生の岐路! あ~、なんだかもう、って感じよ」

 これまでにも40代のオッサン世代の“嘆き”や“迷い”を、幾度となく取り上げてきたが、今回はオッサンではなく、オバ…、いやいや、某メーカーに勤める大学時代の先輩(48歳の女性、バツイチ、子供なし)の事例を紹介しよう。

 っと、恐らくこの時点で、「おいおい、どうして男性の時はためらうことなくオッサンって書くのに、女性相手だとオバサンと、ストレートに書かないのか!」などと鼻息を荒くしている方もいらっしゃるかもしれませんが、特段の理由はありません。なんとなく…、私自身が単に個人的に、この女性、つまり先輩に対して、オバサンと書けなかっただけです。どうかご容赦くださいませ。

 久しぶりに彼女と再会したのは、年明け早々のこと。その時に真っ先に飛び出したのが、「48歳」という年齢に関する話だったのである。

 「45歳と48歳は、単純な3歳の差ではなく、生物学的にフェーズが変わってしまうほど、雲泥の差なのよ」。開口一番、彼女はそうこぼした。

 まだ48歳に向かう過渡期にいる私には、この「3歳差」の意味を100%理解することはできない。ただ、6割くらいはなんとなく分かるような気もする。

 その、つまり、なんというか、45歳まではどちらかといえば30代よりだったものが(図々しくてすみません)、48歳になった途端に50代よりになる。48歳にとって50代とは、60代とも70代とも同じくらい未来というものを意味するんではないか、と。

 いずれにしても、45歳からわずか3年間で迎える「48歳」は、とてつもなく大きな“岐路”になるらしい。

 ただ、恐らくそれは、彼女の場合が48歳だっただけで、人によっては50歳だったり、55歳だったり、はたまた60歳だったりで。しかもそれは、女性だけではなく男性にとっても同じで、誰にでも、“岐路”と自覚せずにはいられない年齢が訪れる――。

 そこで、今回は「人生の岐路」について、考えてみようと思う。

48歳の彼女を戸惑わせた“新たな選択肢”

 「うちの会社で、来年度から新しい雇用形態を選択できるようになったの。これまではなんやかんやいって年功序列だったし、お給料も年齢とともに上がっていたのだけれど、“休みは大幅に増えるけど、お給料は半分”という新しい働き方ができた。で、とりあえずは、1年ごとに今まで通りにするか、休みを増やすかを選択できると言われているんだけど、これが実に微妙なんだよね~」

 「つまり、休みを増やすという選択をするということは、ある意味、今までの社内でのポジションを放棄することになる。会社は、『1年単位で選べる』とは言っているけれど、いったん“正”の座を降りた人間が、“正”に戻ることはない。当然ながら、出世することはなくなるだろし、重要なポストを任されることもない。だって、『あ~、来月から私、月の半分しか会社に来ませ~ん』といつ宣言するか分からない人に、重大な業務を任せるわけにはいかないからね」

 こう語る彼女の話はさらに続く。

コメント53件コメント/レビュー

河合さんの記事、大好きです。ブレながら(?)進んでいく文体が、自分の思考とぴったり来て、毎回最後に「そうそう!」と強く同意してます。一番信頼できる友達と飲みに行った後のような幸福感を感じたりもします。今後のご活躍を楽しみにしてます。(2012/02/13)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「人生の目標?」 独身“キャリア”女性を狼狽させた48歳の岐路」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

河合さんの記事、大好きです。ブレながら(?)進んでいく文体が、自分の思考とぴったり来て、毎回最後に「そうそう!」と強く同意してます。一番信頼できる友達と飲みに行った後のような幸福感を感じたりもします。今後のご活躍を楽しみにしてます。(2012/02/13)

 48歳女性の方には「諸行無常」という言葉とその意味を知っていただきたいです。岐路とか何とか言う前に、人生、今日と同じ日が永遠に続くことはないということに気づいた方がいいように思います。 人生の目標なんていう、大上段に構えたものは不要です。小さなことでもいいから、日々、他人の役に立つことを考え、地味だけれど穏やかなよい人生を送っている人はたくさんいます。長いこと大企業で華やかに過ごしてしまうと、そんな地に足のついた生き方をする人がいて、そういう人が社会が支えていることにも気づかないでしょうね。実は、視野が狭いから、苦しいのだと思います。 こんな時代ですから、休暇を取って被災地支援の活動に励む、というのもいいと思います。被災地の方々は、否応なしに3.11以前と違う日々を送っているのです。そういう場所で何かやってみれば、この方も、自分の岐路なんてちっぽけなものだと気付けるのではないでしょうか。(2012/02/09)

これでやっと、生きていくために働くことをやめられないということをわかったことでしょう。そういう立場に立ってみると、ただ楽をしたい、または自分が働かなくとも養ってもらって楽ちんだ、という寄生虫的な頼り方をされると、腹が立ちませんか?(2012/02/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長