• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「土砂災害」も「原発事故」も、戦争のツケが招いた

2012年2月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今日は、東日本大震災の復興事業を統括する復興庁の発足日です。1月には、マグニチュード7級の首都直下型地震が起こる確率が話題になりました。4年以内に50%以下(東京大学地震研究所)、5年以内に28%(京都大学の研究者)、30年以内に70%(政府)と、数字は一見バラバラですが、共通しているのは「確率はとっても大きい」ということ。

 都市集中。過疎。自然喪失。そして震災、津波。東日本大震災を経験した今、日本人はどのような住まい観を持てば、生き延びていけるのか。ヒトの生死と付き合い続けた養老孟司さん、世界の都市設計の最前線にいる建築家の隈研吾さんが語ります。

前回から読む)

:東日本大震災以後、みんなが東北の復興、復興と言っていますが、次に東京が地震に襲われた後の対策については、あまり議論されていません。それを僕はすごく不思議に感じています。養老先生がお住まいの鎌倉だって、海岸に近いから、津波の危険性は当然ありますよね。昔、高徳院の大仏様のところまで津波が押し寄せたという話ですし。

養老:1498年の明応地震では、津波が大仏の足元まで来たということですから。

:津波の危険は日本中、どこにでもあるわけですが、でも今、みんなの頭は東北というフレームだけでいっぱいで、それ以外の地域のことに議論が行かないから、そこが不思議です。

養老:ただ僕は驚いたことがあって、東日本大震災では、あれほど強く揺れても、東京方面では死者が非常に少なかったことです。隈さんはその時に日本にいなかったから想像がつきにくいだろうけれども、日本の建築って大したものだな、と思いましたね。

津波に負け、地震に勝った日本の耐震基準

── 東京の都心部では、老朽化した九段会館の天井が崩れて2人が亡くなりましたが、それ以外に、大量のケガ人や死者が出るような建物の倒壊、崩落はありませんでした。

:建築に関しては、揺れはすべて計算の範囲内ですからね。それから、これは大事なことなんですが、建築工事に関して日本人は手を抜いていなかったという事実があります。中国・四川の地震では、鉄筋が入っていなかったから建物が倒れたわけで、現地では、「おから工事」という言葉が流行語になりました。日本のゼネコンは、当たり前なんですが、ちゃんと鉄筋を入れていたんですよ。

コメント5件コメント/レビュー

戦争(戦後って事?)のツケ…その戦後を引っ張って来た世代の不毛なコラムだなぁ…。一人はこの国の最高学府の先生、一人は建築界にその名を知らぬ人の無い先生…。確かに東北の地震での建築被害は少なく世界の関心を集めたが、だから東京(日本は)も案外だ安心なんて有り得ない。確かにここ10年くらいに建設が進んだ超高層ビルは大手ゼネコンがキチンと造っているでしょうが、大災害で被害を拡大させるのは築数十年の低層建築だと想像する。そんなビルが東北とは比べようもなく密集している首都圏での大地震を想像すると…。最近、埋め立て地の超高層マンションの売り上げが戻っていると聞く。『金持ちと何とかは高い所が好き』って昔言ったけど「開発会社に騙されてるなぁ」って言うか「想像力を鍛えようよ」って感じ。確かに建物の耐震・安全性やもしもの時の電源供給など充実しているが、首都圏で大災害が起きたときのインフラ全面復旧には相当日数を要するはず、それまで持つのか? 大体ビルは無事でも周辺道路が液状化で不通になったら支援の手はずっと遅れる。昔の人が埋め立て地に住む事を忌み嫌ったのには意味がある。国も埋め立て地の宅地化を合法とするなら、空港の様な土地改良を周辺道路を含めて行うよう、法整備を進めるべきだったと思う。東北の津波被害を受けた海抜ほぼゼロ地帯は、使用制限がされるのだろうか…。あの戦後最大の未曾有の被害(後手の人災も含め)が全ての国民に教訓として残されるだろうか…。(2012/02/10)

「養老孟司×隈研吾 「ともだおれ」思想が日本を救う」のバックナンバー

一覧

「「土砂災害」も「原発事故」も、戦争のツケが招いた」の著者

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。2017年、慶應義塾大学SDM研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

戦争(戦後って事?)のツケ…その戦後を引っ張って来た世代の不毛なコラムだなぁ…。一人はこの国の最高学府の先生、一人は建築界にその名を知らぬ人の無い先生…。確かに東北の地震での建築被害は少なく世界の関心を集めたが、だから東京(日本は)も案外だ安心なんて有り得ない。確かにここ10年くらいに建設が進んだ超高層ビルは大手ゼネコンがキチンと造っているでしょうが、大災害で被害を拡大させるのは築数十年の低層建築だと想像する。そんなビルが東北とは比べようもなく密集している首都圏での大地震を想像すると…。最近、埋め立て地の超高層マンションの売り上げが戻っていると聞く。『金持ちと何とかは高い所が好き』って昔言ったけど「開発会社に騙されてるなぁ」って言うか「想像力を鍛えようよ」って感じ。確かに建物の耐震・安全性やもしもの時の電源供給など充実しているが、首都圏で大災害が起きたときのインフラ全面復旧には相当日数を要するはず、それまで持つのか? 大体ビルは無事でも周辺道路が液状化で不通になったら支援の手はずっと遅れる。昔の人が埋め立て地に住む事を忌み嫌ったのには意味がある。国も埋め立て地の宅地化を合法とするなら、空港の様な土地改良を周辺道路を含めて行うよう、法整備を進めるべきだったと思う。東北の津波被害を受けた海抜ほぼゼロ地帯は、使用制限がされるのだろうか…。あの戦後最大の未曾有の被害(後手の人災も含め)が全ての国民に教訓として残されるだろうか…。(2012/02/10)

日本には優秀な建築家が少なくないと思っています。 その人達に是非『田舎暮らしを支える集合住宅』を復興住宅のモデルとして設計して貰えないかと期待しています。 隣近所が声を掛け合い乍ら生活出来、個人のプライバシーも今以上に大事に出来る『かたち』があるのでは無いかと思う次第です。(2012/02/10)

電力行政の歴史は国鉄と同じであったか。電車は自動車に代わったが、電気は益々生活に密着しましたか。安定供給を盾に脅されたら、簡単にシステム変更はできないですか。。。そこがトップの倫理観を求められるところなのだが、、、易きに流されますか。。。。。(2012/02/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長