• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

80年周期のサイクルで世の中を観てみる

~2020年、世界はどこに向かって行くのか

2012年2月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 筆者は、これまで「カタチに囚われずファンクション(本質)を捉えること」を主張し続けてきた。そして、「過去の再現化」ではなく、「未来の具現化」を勧めてきた。以前の記事、『長期計画の作り方が分かるようになる「感性」「知性」「理性」(2011年11月24日記事)』でも、未来の具現化に必要な、「感性」と「時代の潮流」について説明した。

 今回は、日本再生を担う人のために、ファンクショナル・アプローチを使った、時代の潮流の読み方をお伝えしたい。日本の過去を振り返り、時代ごとのファンクションを捉えれば、新たな視点を得ることができる例だ。ファンクショナル・アプローチという手法を使えば、「2020年代の日本」や「80年サイクル」が見えてくる。

 それぞれの企業には、社内、社外に様々な潮流が存在している。それを現象と見ている限り、対応的な後手々々の処理しかできない。大切なことは、如何に時代のうねりを読むかだ。経営者、エグゼクティブの方には、是非、感じ取っていただきたい。ビジネス・エリートの方には、必ず、身につけてもらいたい。

答えは過去にない

 いくら過去を調べ、原因を追求した所で、そこに答が在るはずがない。それは単に「あの時、こうしていれば良かった」「するべきではなかった」という結果論でしかないからだ。その時の状況における、正しい選択が明らかになるだけであり、これから進む道の選択には、役立たない。過去の事例、成功談は、不安を減らすための口実にすぎないのだ。

 では、何のために多くの人は、過去に興味が有るのか。もちろん、筆者自身も過去を徹底的に調べる。しかしそれは、原因を追求することではなく、本質を理解するためなのである。そこで組み込まれている機構を理解し、身につけるためである。

 大切なのは、未来を感じる感性を磨くことだ。これから先に起こるコトや、求められるモノを感じることである。今、現れているモノを見ることは簡単だ。難しいのは、眼に見えないコトを感じることだ。より感性の精度を高めるために、知性を使って過去を調べ尽くすのだ。自分の感性を検証し、補正することなのだ。

コメント0

「横田尚哉のFAで考える日本再生」のバックナンバー

一覧

「80年周期のサイクルで世の中を観てみる」の著者

横田 尚哉

横田 尚哉(よこた・ひさや)

ファンクショナル・アプローチ研究所

顧客サービスを最大化させる経営改善コンサルタント。米GEの価値工学に基づく改善手法を取り入れ10年間で総額1兆円の公共事業改善に乗り出し、コスト縮減総額2000億円を実現させる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長