• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「労働」の奴隷に成り下がった “私たち”の不幸

ワークライフバランスを実現していた「のれん分け」という知恵

2012年2月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「心配なのはおカネですよね。平均寿命まで生きるとして、あと30年以上ある。年金は減る、役職定年で給料は減る。それだけならまだしも、役職定年して責任のある仕事もできなくなった時に、モチベーションを保ちながら働いていけるのか、って心配もあるし」

 深刻化してきた年金問題に、不安を抱く人が確実に増えてきた。もらえると思っていたおカネがもらえるかどうかあやふやになってきたからだ。年金について「100年安心」と政府がうたったのは、2004年に年金法を改正した時のこと。

 当時に与党だった自民党は、「100年安心の年金を構築」と大々的に書かれたパンフレットまで作り、当時の森英介厚生労働副大臣は、「給付水準の下限とした50%を上回る見通しとなっておりまして、以上をもちまして、100年後でも絶対大丈夫ということを申し上げます』と豪語した(2004年4月7日の衆議院厚生労働委員会)。

 あれからわずか8年、たった8年で、“100年安心”は見事に崩れ去ってしまったのだ。

年金問題に真剣に取り組まない政治家たちへの怒り

 おまけに大切な年金を預かる日本年金機構でも、お粗末なミスばかり。先日も、およそ7万2000人分の2月の年金支給額が、平均で2万3000円、総額で16億6700万円も少なかったことが明らかになった。

 その理由が、年金受給者から提出された書類の記入事項の入力漏れ、というのだからたまったもんじゃない。昨年の年末に年金受給者から返送された「2012年度の扶養親族の申告書」の入力を、同機構から受託していた業者が入力し忘れていたというのだけれど、大切な私たちのおカネを……、何を言っても言い訳にはならないでしょ。

 それ以上に頭にくるのが、政治家たちだ。まるで現行の制度が崩壊していないかのような態度を取り続ける野党にも納得できないし、民主党が渋々公表した試算結果だって「ふ~ん。これって本当に合ってるの?」と不安になる。

 誰がどう考えたって年金制度は破綻している、というのに、政治家たちはなぜ、もっと真剣に話し合わないのか。お願いだから、もっと真剣にマジメに、国民のことを考えてちゃんと話し合ってちょうだいよ。あ~、いったいどうなっているのだろうか。「国民のため」よりも「選挙のため」、「将来のため」よりも「今のため」に必死な政治家ばかりが目につくわけで。年金という制度を作る政治家も、その大切なおカネを預かる国の機関も全くもって信用できないのである。

 このままでいくと、「ウソ。そんなこと言ってなかったじゃん」というような、悲惨な話がこの先にきっと出てくるに違いない。うん、多分きっと。恐らくかなりの確率で。だって、「100年安心」と言っておきながら、たった8年で「ウソ」がバレた前例があるのだから、不信感しか湧いてこなくても仕方がないじゃないですか。

 で、年金とセットにあるのが定年に対する不安だ。

 どんなに「定年を65歳まで延長せよ」と政府が言ったところで、50代は冒頭の方のように具体的な不安を抱き、40代は漠然とした不安を抱きながらも思考停止に陥り、20代や30代は「どうせもらえないんだから、払わないよ」とソッポを向く。

コメント42

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「労働」の奴隷に成り下がった “私たち”の不幸」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック