• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

古代西欧暦には日付のない2カ月があった!

初詣の源流探訪、その8

2012年2月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 お正月から2月にかけて「初詣」から端を発して「日本のうた」の話題を続けてみたのにはわけがあります。「暦」の源流を探ねてみると、いくつかの「新年」が重複する事実に気づかされるのです。

 一方では明治以降、西欧近代の太陽暦が導入され、西暦の1月1日が行政など公的な場での新年とされました。他方、古来の行事に関しては「立春」「夏至」など伝統的な節気が残っているため、こちらに基づいて「年の初め」を祝う「越年際」や「節分」などの行事は、別の日付で連綿と残ってきた。その共通点と違いを見る中から、日本で古来祭られてきたお祭りや、そこでの「うた」「うたげ」などの本質が、垣間見えるような気がするのです。

二十四節気から考える

 暦の作り方には古来さまざまなものがありますが、今考えているずれが生まれる大きな原因は先ほども触れた西欧由来の太陽暦と東アジアで古来用いられている二十四節気にあると思います。

 「太陽暦」は何となくなじみがありますが、二十四節気はピンとこないかもしれません。これは1年を春夏秋冬4つの季節12の月にわけ、おのおの「節」と「中」とで区切るもので実際にはカレンダーなどでよく見るものが多いと思います。実際に節気を書き並べてみましょう。

 どうです?実際には良く見かけますよね。

 一年の初めから見てゆくと「立春」「啓蟄」「春分の日」「夏至」「立秋」「春分の日」「冬至」「大寒」といったあたりが、今日でもしばしばカレンダーで見かけるように思います。

コメント1

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長