• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

フェイスブックと肥満、喫煙、インフルエンザの不思議な関係

友達の友達の友達の友達は皆友達!?

2012年3月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 読者は、ケビン・ベーコン・ナンバーという言葉を聞いたことあるだろうか。これは、米国人俳優ケビン・ベーコン氏とある俳優との間の関係の強さを表したもので、ケビン・ベーコン氏本人を0として、ケビン・ベーコン氏と直接共演した俳優を「1次」の隔たり、1次の隔たりの俳優と共演した俳優を「2次」の隔たりというように既定した次数である。

 値が大きくなるほどケビン・ベーコン氏からの関係が遠くなることを示す。この次数を使うと、世界の俳優のほとんどがケビン・ベーコン氏と「6次」の隔たり以内に入ると言われてきた。この次数のことをケビン・ベーコン・ナンバーと呼ぶ。

 このナンバーは人と人のネットワークの「小さな世界」を象徴する概念として、頻繁に利用されている。元をたどれば20世紀初頭に活躍したハンガリー人小説家のアイデアなのだが、「世界中のいかなる2人の間の関係も、平均すると6次以内の隔たりにある」という意味である。

 この命題は、これまで様々な方法で検証が試みられてきた。そして「あなたと隣に座った見ず知らずの他人の間は、5人の友人・知人をたどれば到達できる」という「6次の隔たり」が有力な説とされてきた。

赤の他人も3人たどれば皆友達

 ところが2011年11月、この「6次の隔たり」という命題が、読者にもおなじみのフェイスブックというSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で再検証されたと報じられたのである。フェイスブックのデータ分析科学者であるラーズ・バックストーム氏と研究グループが、2011年初頭の分析当時のフェイスブック会員だった、世界人口の約10%に当たる7億2100万人の計690億の友人関係という、膨大なデータを検証した。すると、ある2人のメンバー間の平均の隔たりの次数は「3.74次」であり、フェイスブックの会員が今よりも少なかった2008年に報告された「4.28次」に比べてさらに小さいことがわかったのだ。

 すなわち、平均的にフェイスブックの2人の会員同士は、4次以下の隔たりによって結ばれているのである。この調査年による次数の変化は、フェイスブックの会員数が増えたことに伴い最短の距離を探すことが可能になったことによる変化だが、統計的上の理由からこれ以上のメンバーの増加が次数の更なる減少へとつながるとは考えにくいという。2011年当時にフェイスブックの会員だったなら、知らない間にこの調査・分析に自動的に貢献していたことになる。

 このように、人と人との結びつき(ネットワーク)の研究はそれ自身が興味深いものだが、これらのネットワークの研究は現実社会でどのように役に立つだろうか。考えられるものとして、情報伝達や行動の模倣における社会的ネットワークの重要性、また公衆衛生の分野における感染症の拡大規定に果たす接触者間の地理的ネットワークの役割、などが挙げられる。

コメント4

「「気鋭の論点」」のバックナンバー

一覧

「フェイスブックと肥満、喫煙、インフルエンザの不思議な関係」の著者

井深 陽子

井深 陽子(いぶか・ようこ)

東北大学大学院准教授

2000年慶應義塾大学経済学部卒、2008年米ラ トガース大学よりPh.D.(経済学)取得。京都大学大学院薬学研究科特定准教授などを経て2013年4月から現職。専門は医療経済学。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長