• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

育休フィーバーの影で犠牲を強いられる“正直者”たちの鬱屈

「働き方の多様化」では済まされない取得者たちの軽さ

2012年3月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本生産性本部の調査で新卒社会人の72.8%が「育児休暇を取得したい」と回答し、滋賀県大津市で開かれた“パパ首長サミット”では、育休を取得した経験を持つ広島県の湯崎英彦知事ら7人のイクメン首長が「育休は労働だ。『育労』とでもしたらイメージが変わるのではないか」と主張した。

 さらに長崎県佐世保市では、「我が子との触れ合いの大切さは、たとえ環境が変わっても変えることのできない不変のもの」として、育休取得などを促す「市長からの手紙」が、市内の3000カ所の企業に送られたという。

 子育てと仕事。男性の育休取率は、いまだに2%未満にとどまり、一向に改善されていない。女性についても、育休取得率が全体では9割近くになる中、それでも取れない環境に置かれている女性たちが依然として少なくない。育休が取りやすい会社と取れない会社との二極化が、明らかに進んでいるのである。

 そんな中、若い男性たちは、「育児参加は当たり前」と考え、イクメンパパたちは「育児に参加すべし」と主張する。「育児と仕事は、どちらも大事!」と訴える人たちが増え続けているわけだ。

育休を安易に取得する若手たちに切れた49歳のベテラン

 ところが、その一方で、育休を取得した人の仕事は、周りの人が肩代わりすることになる。

 「やっぱり~、子供って3歳までにどれだけお母さんと一緒に過ごしたか、ってことが将来にものすごい影響を与えるじゃないですか~。仕事の代わりはいても、母親の代わりはいないですから~~」

 これは夫が休める、休めないに関係なく、女性たちに育児に集中する権利が与えられている大手保険会社で、ある若い女性社員がつぶやいた一言だ。これを聞いた職場の先輩の女性は次のようにブチ切れた。

 「育休だの、時短だの、ワークライフバランスだの、あれやこれや制度ができるのは悪いことだとは思いません。でも、会社員なんですから与えられている仕事の責任を全うして、初めて権利を主張すべきだと思うんです。なのに、最近の若い世代は、明らかに仕事よりも家庭の優先順位が高い。仕事から逃げてる。私にはそういうふうにしか思えないんです」

 こう怒りをにじませて語った49歳の女性は、小学生の子供を持つ「母親」でもある。

 制度が悪いわけでもなければ、「取りたい」と思うことが悪いわけでもない。「でも、その制度を使うにしても、“使い方”がある」と彼女は言う。

 確かに数年前から、「子育て」をまるで特権のように振りかざす人たちにへきえきしている人たちの声を耳にすることも増えてきた。

 そこで今回は、「仕事と子育て」について考えてみようと思う。

コメント184件コメント/レビュー

面白いんですが、力点の置き方と言うか、まとめ方には違和感が残ります。「その制度を使うにしても、“使い方”がある」という話かと思って読んでいったんですが、そういうオチにはなっていないですね。それぞれのエピソードとかはよくわかるし、納得もするけど、最後をこういうふうに現状への疑問形で投げっぱなしにすると、単なる育休を取る人への非難に読めます。そこは気づきませんでした、は通用しない気がします。少なくとも「育休などの制度はこういう風に使うと周囲にかかる負担が少ないですよ」みたいな提案とか、あるいは、(今は難しくとも)育休や時短で減る戦力を補填できるように、育休・時短の取得数に応じた補助金のようなものの提案とかをして終わる必要があると思うんですがね。(2013/10/09)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「育休フィーバーの影で犠牲を強いられる“正直者”たちの鬱屈」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

面白いんですが、力点の置き方と言うか、まとめ方には違和感が残ります。「その制度を使うにしても、“使い方”がある」という話かと思って読んでいったんですが、そういうオチにはなっていないですね。それぞれのエピソードとかはよくわかるし、納得もするけど、最後をこういうふうに現状への疑問形で投げっぱなしにすると、単なる育休を取る人への非難に読めます。そこは気づきませんでした、は通用しない気がします。少なくとも「育休などの制度はこういう風に使うと周囲にかかる負担が少ないですよ」みたいな提案とか、あるいは、(今は難しくとも)育休や時短で減る戦力を補填できるように、育休・時短の取得数に応じた補助金のようなものの提案とかをして終わる必要があると思うんですがね。(2013/10/09)

たとえば農家や家族経営の会社なら、家事・育児もひとつの立派な「仕事」として認められるものだろうな。「休業」とは言われても、子どもを育てている身からすると、子が小さいうちの育児は大変で決して「休んでる」という感覚はない。育休中はむしろ仕事してた方が楽と感じていたし、復帰後も家に帰ってからの方が忙しい。でも、所詮は「私事都合」って言われるだろうから愚痴は言わないけど。子ども産む人が少なくなっているのも仕方ないなって思う。(2013/03/15)

いや~いままでずーーーっと私と友人達の思っていたことをそのまま文書にしていただいたようで、すかーっとしました!!アメリカでは産休は最長で3ヶ月、でもみんな1ヶ月で復帰します。なぜかって?そのポジション&仕事がなくなるからです。だって3ヶ月も休んでも廻っていく仕事なら、はっきりいってその人、いなくても一緒だからです。みんな泣く泣く仕事に復帰します。職場でみんなにいやがられながらも、会議室でこっそりと搾乳します。アメリカではみんな露骨な顔をしますが、口には出して言いません。だってハラスメントになってしまうから。そうやって育児と仕事、両立するんです。サラリーマンとしての責任のある仕事ができないのなら、パートになるしかないです。育児休暇、時短制度は日本の会社をだめにすると思います。(2013/03/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授