• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「心のケア」を連呼する偽善と埋まらぬ“傷穴”

「共に生きていく」ことで寄り添い、少しでも重みを分かち合う

2012年3月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私たちには被災した方たちの悲しみを取り除くことはできないけれど、共に生きることは十分できる。

 今、そして、これから私たちにできること。それは『共に生きる』ことだ。

 これは昨年の3月24日。東日本大震災から2週間が経とうとしていた時に書いたものである(関連記事:被災者支援、「力になろう」と思っちゃダメ!)。

 あれから1年。私たちは、ホントに『共に生きてきた』のだろうか? がれきの処理が一向に進まない現実、保育園に福島の子供が受け入れを拒否されたという報道……。『共に生きる』どころか、被災した方たちの悲しみを増幅してはいまいか?

 特に、「心のケア」という言葉が、やたらにあちらこちらで使われていることには、正直、違和感すら抱いている。

 「これからはやはり、被災した方たちの心のケアが必要ですね」

 訳知り顔でそうコメントしている人たちを見るたびに、「心のケア」という曖昧な言葉だけが、一人歩きしているように思えてならない。

 「心のケア」という言葉が、被災者の方々の間では必ずしも快く受け入れられていないという実情もある。

 「気持ちは、うれしいけど……」。こう言って、言葉を濁す人も少なくないのだ。

大きな災害や事件が起きるたびに多用されるが……

 もともと「心のケア」という言葉は、1995年の阪神・淡路大震災を受けて、神戸大学医学部の精神科医らが中心になって、災害後の心的外傷後ストレス障害(PTSD)の研究が進んだことに由来する。

 復興費として精神保健分野に予算がつき、「兵庫県こころのケアセンター」が設立され、PTSDの専門的研究や治療の専門家の育成が行われた。このセンターの名称にも使われた「こころのケア」という言葉がメディアでも用いられ、世間に広まった。その結果、「PTSDの予防や治療」という本来の意味が失われ、取り方次第でどうにでも受け止められる一般的な言葉になってしまったのである。

 大きな災害や事件が起きるたびに繰り返される、心のケア。それっていったい何なんだ? ケアって何? 心って何?

 ケア(care)は、世話、注意、配慮? いったい何なの?

 今日の4日後は3月11日。そう東日本大震災からちょうど1年が経つ。そこで今回は、「心のケア」について、考えてみようと思う。

コメント39件コメント/レビュー

瓦礫受け入れがどうのこうのと言う議論の前に「福島近郊のSAで福島の銘菓、野菜、米などが大量に捨てられている」という現実をどう見るかですね。(2012/03/14)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「心のケア」を連呼する偽善と埋まらぬ“傷穴”」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

瓦礫受け入れがどうのこうのと言う議論の前に「福島近郊のSAで福島の銘菓、野菜、米などが大量に捨てられている」という現実をどう見るかですね。(2012/03/14)

○久しぶりに同感できる記事である。私も某都知事は嫌いだが、瓦礫受入を決断したことを都民として誇りに思っていいのでは?とさえ感じる。○一方で、コメントに「そんな故郷ならいらない」という方、誰も止めません、今すぐこの国から出て行って構いませんよ。何が「絆」ですか?そんなことを平然と言える神経は、震災後即座に帰国して、ある程度落ち着ら大勢で観光地に押しかけてくるアジアの某国民と同じですね。(2012/03/14)

放射能ヒステリーはまだ続いているのですね… 少しでも放射性物質が付着していれば動かしてはならない、という方々は、自然界に放射能ゼロの地域など存在しないことをご存じないのでしょうか?また人間の体内にも元々放射性物質が存在していることも?ラドン温泉やラジウム温泉の経営者たちは人殺しの片棒を担いでいるとでも言うのでしょうか?瓦礫を被災地から出すな、という人たちには「どうせ福島はもう汚染されているんだから、このまま汚染物質を置いたままにしておいても構わないだろう」という利己主義を感じます。(2012/03/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長