• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なぜまた流される都市計画を繰り返すのか?

あれから1年、正しく怖がる放射能【2】

2012年3月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3.11を挟んで福島第一原発現地の現在の状況を確認しながら、今、そしてこれから、何をどう考えてゆけばよいか、検討してみたいと思います。

 多くの被災地では急ピッチの復興が進み、なによりと思いますが、福島第一原発至近、20キロ圏内では、ほとんど本格的な復興の手がつけられていません。

 遺体捜索のため、瓦礫を一定片付けた、といった段階で、冷たい冬を過ごし、2度目の春、3.11を迎えています。

 今回からはとくに、放射能汚染と同時に、原発事故そのものを引き起こした地震そしてなにより津波災害の「土台」から検討してみたいと思っています。

殴り倒された家屋群

 なによりもまず最初に、現場と実物を見るところから始めましょう。

 福島第一原発至近、20キロ圏内の請戸漁港近辺、2012年2月29日の様子です。凄まじく破壊されながら、コンクリートの基礎と鉄骨など、堅固な部分が残った建物、一階部分が丸ごと、どこかに持ってゆかれています。

 こちらの家屋も、堅固な基礎や鉄筋コンクリート部分の大半は残っていますが、写真でみて家の右端の部分は、まるで何かに「殴り取られた」(という言葉が正しい日本語とは思いませんが、そうとしかいえない)ように一階から丸ごとなくなっています。

 地震は恐ろしい、津波は大変な威力・・・もちろんそうなのですが、いったい、こういう凄まじい破壊は、どうして起きるのでしょうか?

コメント13

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック