• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なぜ津波で洗われる地域に家を作ったのか?

あれから1年、正しく怖がる放射能【3】

2012年3月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「千年に一度の災害にどう備えるのか?」

という問いを耳にします。今回の東日本大震災、確かに稀な規模「想定外」の天災に被災地が襲われたことは間違いありません。しかしそれは本当に「千年に一度の災害」なのか?津波災害の本質を、少し角度を変えて考えてみたいと思います。今回からのお話の骨子は、地球・惑星科学の茅根創・東京大学理学部教授にご教示頂きましたが、本稿の文責は100%伊東にあり、もし内容に瑕疵があれば、その責は一身に僕が負うものであることを、最初に記しておきたいと思います。

一枚の古い地図から・・・

 最初に、一枚の古い地図を見ていただきたいと思います。

地図1 1933年時点での陸前高田の土地利用と今回の被害状況。かつて海辺は一面の田んぼだった(http://umdb.um.u-tokyo.ac.jp/DChiri/tsunami_zoom_2/rikuzentakada.html より許可を得て転載、以下も同じ)

 この地図は、元来は大正2(1913)年に測量された国土地理院発行5万分の1「盛」と「気仙沼」を、昭和8(1933)年時点の土地利用にあわせて改めた原図と、今回の震災を受けて日本地理学界災害対策本部・津波被災マップ作成チームが作った「2011年3月11日東北地方太平洋沖地震に伴う被災マップ」の情報から、茅根先生の指導下、東京大学のスタッフが作成した、陸前高田の被災状況を示すものを、許可を得て転載しました。もともとの情報はこちらで公開されています。

 地図で、水色で塗られたエリアは、今回の地震で津波が遡上した範囲、また紫色で塗られたエリアは、多くの家屋が流される、甚大な被害が出た範囲を示しています。

 この地図をよく見てみてください。水色に塗られたエリア、つまり津波で海水が押し寄せた大半の地域に、家らしい家がないことが目に留まると思います。実際には図の中央すこし左より、旧式に右から「町田高」と書かれた山際の地域や、そこから延びる街道沿い、あるいは図左側の、やはり山際にあたる「今泉」のエリアなどに家屋が密集しており(そこにも今回、津波被害が及んでいますが)ほとんどの地域は

「海辺の田んぼ」

で人家が存在していないことに注目してほしいのです。また、紫色に塗られたエリアが、この図では田んぼの真ん中に相当していることも大切なポイントです。1933年、つまり80年ほど前、現在のような陸前高田の町は存在しておらず、山際や街道沿いのごく一部に家屋が集中していた。この事実を押さえておきましょう。こうした土地利用は1933年のみならず明治以前の江戸時代、さらにはもっと古い時代から、一貫して続いてきたものであることも付記しておきたいと思います。

コメント4

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック