• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ファッション化した“シューカツ”の異常な軽さ

就職を志すことの本当の意味を考え直そう

2012年4月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「夢とか、希望とか、何かないのかな?」
 「3年生の時から、就活ばかりで、内定をもらうことしか考えていなかったので、夢は……、ないです」

 大学生の就職内定率は、2月1日時点で80.5%と過去3番目に低く、就職を希望しながら内定を受けていない学生は全国でおよそ7万9000人(平成23年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」)。

 そこで、食品関連会社17社などの協力の下、就職支援会社が、「就職が決まっていない学生たちに、何とか内定を!」と、東京・新宿区で会社説明会を開いた。冒頭のやり取りはその時のものである。

 企業の採用担当者に、「夢は?」と聞かれ、「ない」とため息混じりに答える若者の姿が、夜のニュース番組に映し出されていたのだ。

それぞれの思惑がかみ合わない異様な光景

 う~む、微妙だ……。実に、微妙。学生生活の後半戦のほとんどを、「シューカツ」で過ごし、「夢なんか持てるわけないじゃん!」と憤る学生の気持ちは、痛いほど分かる。でも、その、何というか、あの答え方だと内定は、やっぱり難しいかもしれないなどと思ってしまうわけで。

 「夢は何?」という質問も、いかがなものかという気もしなくはないけれど、私が面接官だったら、「キミ~、ホントにうちの会社に入りたいって思ってる?」と、聞いてしまう。

 うん、きっと聞く。だって、「1人の人を雇う」ってことは、それはそれでとてもとても大変なことだから。内定を取れずに苦悩している学生には申し訳ないけれど、やっぱりちょっと難しいかも。

 しかも、件の説明会では、「まだ決まっていない学生に来るように言ってあったんですけど、半分しか来ていない」と嘆く大学の就職課の方や、「私が興味のない会社では、人材を募集しているみたいなんですけど……」とブースを通り過ぎる若者の姿。その横で、「絶対に内定を取ろう!」と若者を励ます主催者の姿なども、映し出されていた。

 何だかなぁ。これって、何なのだろうか?

 ドタキャンに嘆く先生も、ブースを通り過ぎる若者も、「絶対に内定!」と拳を振り上げる主催者も、何だかおかしい……。

 シューカツと共通の名目でみんな集まっているはずなのに、それぞれ向いている方向が違うというか、かみ合っていないというか。ただただ、集まっている人たちの誰もが、疲弊感だけを募らせているような。どんよりとした、“異様な空気”が漂っていたのである。

 そこで、今回は、「シューカツ」について、考えてみようと思う。

コメント63件コメント/レビュー

コメントへのコメントだが、就活エントリー有料化には私も賛成。そもそもネットエントリーが当たり前になった理由に、就活関連企業が有料情報を提供していることと無関係では無いのだから。それに、少なからぬ私学大学では入学願書書類(受験申し込み行為ではなく、その資料にすぎない)自体が有料だ。応募前にカネを取っている前例は就活前から存在するのだ。●表向きの「学歴不問」が招いた側面はある。あくまでも表向きであることはリクルートなどの学生情報を企業に提供する側がフィルタリングしていることも既に一部報道がなされているとおりで、闇雲に大量エントリーするのは現役の学生であれば防衛策としてやめるわけにはいかないだろう。●ロート製薬がネットエントリーをやめたことで好転した例も別記事になっている。手抜きしようとした多数企業の自業自得という側面も有るのだ。企業が昔の採用手法に戻れば、自動的に解決するネタとは考える。●他のコメントにあるように、内定率が9割になるのは分母が夏から新春にかけて減少していくからだ。具体的な記事が、このサイトの別記事にも有ったと思う。(2013/04/05)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「ファッション化した“シューカツ”の異常な軽さ」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントへのコメントだが、就活エントリー有料化には私も賛成。そもそもネットエントリーが当たり前になった理由に、就活関連企業が有料情報を提供していることと無関係では無いのだから。それに、少なからぬ私学大学では入学願書書類(受験申し込み行為ではなく、その資料にすぎない)自体が有料だ。応募前にカネを取っている前例は就活前から存在するのだ。●表向きの「学歴不問」が招いた側面はある。あくまでも表向きであることはリクルートなどの学生情報を企業に提供する側がフィルタリングしていることも既に一部報道がなされているとおりで、闇雲に大量エントリーするのは現役の学生であれば防衛策としてやめるわけにはいかないだろう。●ロート製薬がネットエントリーをやめたことで好転した例も別記事になっている。手抜きしようとした多数企業の自業自得という側面も有るのだ。企業が昔の採用手法に戻れば、自動的に解決するネタとは考える。●他のコメントにあるように、内定率が9割になるのは分母が夏から新春にかけて減少していくからだ。具体的な記事が、このサイトの別記事にも有ったと思う。(2013/04/05)

近年の就職活動は明らかに異常です。一人が30社も50社もエントリーしてしまうことが、学生側と企業側の双方を疲弊させる元凶となっています。多くの方が指摘されているように、軽い気持ちではなく、真剣に入社を希望する学生のみが応募してくれるような特別な仕組みが必要でしょう。例えば、応募するために、受験料を取ってみてはどうでしょうか? 2万から3万円位の受験料を取るだけで、軽はずみな応募は激減し、企業側も真剣に入りたいと思ってくれている学生の中から選択することが出来ます。どこか大手企業が、このような取り組みをスタートすれば、流れが出来てくるように思うのですが・・・。(2013/04/05)

読みてまかせの結論って感じです。将来の夢を学生に問うのはいいが、問う人物に夢はあるのか問うてみたいものだ。選択できる決断できる世代(団塊からの団塊jr)がこの現実を創ってしまった現実をウケトメルベキダ。(2012/04/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長