• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

家電業界の凋落は誰のせいなのか?

  • 吉田 耕作

バックナンバー

2012年4月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月現在における家電業界の収益予測によると、主要な各社で大幅な赤字が見込まれている。パナソニックが7800億円、シャープが2900億円、ソニーが2200億円、NECが1000億円という、過去最悪とも言われる損失を生じた。

 自動車業界とならんで日本の国際競争力の花形として、ものづくりの国の貿易黒字を支えて来たこれらの会社で何が起こっているのであろうか。今回はこの問題を取り上げて見たい。

図1 機械製品の国際競争力の推移
出典:社会実情データ図録 貿易から見た国際競争力指数の推移

 確かに、2011年は東日本大震災があり、タイでの大洪水によるサプライラインの寸断、そしてそれに続く超円高と、次から次へと、何世紀に1回起きるか起きないかというような大異変が続いた。それらが大幅な赤字の最大の原因であり、したがって今後は回復に向かうであろうと楽観的に考えたいところである。

 しかし、どうも、本質的に家電業界を取り巻く環境が変化してきた事が、その背後にあるのではないだろうか思えるのである。

 図1に示してある機械製品の国際競争力の推移によると、IC、コンピューター、家電等の国際競争力は、90年代を通して低下を続けていることがわかる。つまりパナソニックやソニーが巨額の損失を被る結果になったのは、一過性の東日本大震災やタイの水害の影響もさることながら、底流に何か大きな変化が長期間続いており、それがこれらの災害を契機として顕在化したのではないかと考えるのである。

家電メーカーの現状の原因

表1 日本の電機メーカーと韓国の電機メーカーとアップル社の比較(単位:百億円)

会社名売上営業利益当期純利益
11.3期12.3期予11.3期12.3期予11.3期12.3期予
日立93295044422421
東芝6406202420147
三菱36536723211210
ソニー71863420-10-26-26
パナソニック8698003137-78
シャープ302255802-29
サムスン電子1144108011410710791
LG電子415358122-3
アップル541894153260116200

(資料:日本企業に関してはNomura Equity Research; 韓国及び米国のデータは有価証券報告書の数字を決算時の為替レートで日本円に換算したものを用いた。又、12年3月期は最新の予測値を用いた)

 表1は日本の電機メーカー6社と韓国の電機メーカー2社及びアップル社の9社を比較のために取り上げたものである。上記の表によると、日本の家電業界の代表的企業が巨額の損失を抱えているのに対して、韓国の家電メーカーがかなりの利益を上げており、アップルは巨額の利益を上げていることがわかる。日本の家電メーカーも売れていない訳ではない。しかし、売上に対してあまりにも利益率が悪い。

 売り上げを伸ばすために、また、多量に製造したものを売りさばくために、安売りしているのが明らかである。

コメント0

「統計学者吉田耕作教授の統計学的思考術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長