• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「マジ!5年で7割も?」 急上昇する“中間管理職”の死亡率

彼らを救う真のワークライフバランスのあり方

2012年4月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中間管理職の方が、ゾッとするような研究結果が発表された。何と「管理職の死亡率が5年で7割も増えている」というのだ。

 「うちの会社の中間管理職も大変そうだもん」
 「そうそう。上からは生産性を上げろ、効率を高めろって、散々言われるのに、ワークライフバランスで残業はできないし、ちょっとでも部下に厳しくするとパワハラだと言われちゃうしね」
 「昔はさぁ~、部長なんて朝から週刊誌を読んでてうらやましいと思ったけど、今そんな暇こいてる人いないもんね」

 精神的にも肉体的にも、「大変だ!」という言葉でしか表現することのできない中間管理職の方たち。彼らの酷使されている状況が、北里大学公衆衛生学の和田耕治氏らの研究で、“数字”として明らかにされたのである。

 そこで、まずはこの調査結果から紹介しよう。

日本の研究者たちが明らかにした中間管理職の窮状

 英医学誌「BMJ」に報告された内容によると、和田氏らは「1990年代後半に起きたバブル崩壊以降の雇用形態の変化に伴い、働く人々の健康状態の悪化や自殺者の増加した詳しい要因」を探ろうとした。そのために、職種別の死因との関連などを検討したという。

 データには日本の政府統計システムを利用し、30~59歳の男性の死因および死亡前に就いていた職業のデータなどを、1980年から2005年まで縦断的に解析した(職種は専門職、管理職、事務職、営業職、農林水産業従事者など計10種類に分類されている)。

 その結果、全死因の年齢調整死亡率(年齢の影響を除いた死亡率)とこれに含まれる4大死因(ガン、心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳卒中、不慮の事故)を確認したところ、管理職および専門職を除くすべての職種で漸減しているのに対し、管理職および専門職の年齢調整死亡率は、1990年代後半から2000年にかけてそれぞれ約70%増加していたという。

 ちなみに、厚生労働省の「都道府県別年齢調整死亡率」調査で、日本人の死亡率は男女ともに減少傾向が続いていることが分かっている。医療の進歩により、特に死亡率の高い脳血管疾患による死亡者数が減少したためとされている。

 さらに1995年以前は管理職・専門職の主要な死因別の死亡率は、ほかの職種に比べて低かったが、2000年以降はこの傾向が逆転していた。

 また、自殺率については1995年以降、職種を問わず上昇傾向が見られ、特に管理職における増加が著しかった。1980年から2005年の25年で、自殺は271%も増加していたのだ。

 しかも、この調査の分析では、「やっぱりそうか~」と誰もが納得するデータも示された。

コメント30

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「マジ!5年で7割も?」 急上昇する“中間管理職”の死亡率」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手