• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米国流経営の対極は「京都流」にあり

日本力の追求に活路を求めよ

  • 常盤 文克

バックナンバー

2012年5月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本企業の経営スタイルが転換期を迎えています。バブル崩壊後の20年間は、良くも悪くも米国流一辺倒でしたが、最近は韓国や中国に追い上げられ、時には追い抜かれ、厳しい状況に置かれる企業が少なくありません。米国流から脱し、新たな経営を模索する時期に差し掛かっていることは間違いないでしょう。

 陽があれば陰があるように、物事にはすべて対極があります。同じように、米国流という限り、その対極の経営があるはずです。この対極を見ることが、今後の経営、特にモノ作り経営を考えるうえで重要ではないかと考えています。そこで改めて、米国流の対極にある経営とは何かを探ってみたいと思います。

 日本企業には課題が山積しています。円高で収益が圧迫され、生産コストが低いアジアの新興国への進出を急ぐ企業が相次いでいます。国内市場が飽和してきたと見て、中国など海外の巨大市場への進出を強化する企業も多くあります。どれも一見すると当然のように思えますが、このようなアプローチはいずれ行き詰まるのではないかと、私は考えています。

いま海外進出の前になすべきことがある

 先日、日本の自動車メーカーの中国法人でトップを務めていた人物の話を聞く機会がありました。この人物によると、中国の工場では労働争議や収入格差など、これまで隠れていた様々な問題が一気に噴き出し、大変苦労されてきたようです。

 もはやモノ作りの場としての中国は限界に達しつつあり、必ずしも低コストではなくなってきています。一方で、原油やレアアースはじめ諸々の原材料が高騰していることもあり、輸出で稼ぐという従来のやり方にも陰りが見え始めています。

 そう考えると、日本国内が厳しいから海外に打って出ようという発想は、今となってはあまりにも戦略のないやり方ではないかと思うのです。もちろん業種にもよりますが、日本に踏みとどまって、改めて国内の市場、国内での生産に目を向けるべきではないでしょうか。

コメント1

「常盤文克の「新・日本型経営を探る」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック