• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国際政治は再び「地政学」の時代に戻った

日本経済新聞社編集委員 鈴置高史さんに聞く朝鮮半島情勢【番外編その2】

2012年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2012年は朝鮮半島を巡る情勢が急変することになりそうだ。韓国は大統領選を控え、与野党ともに左傾化傾向が強まっている。そして、北朝鮮は政権を握ったばかりの金正恩第1書記の下、ミサイルの発射に踏み切り、さらには核実験の実行までも懸念されている。米国や中国などの大国の論理に翻弄されてきたこの2国はこれからどう動くのか。日経ビジネスオンラインで「先読み 深読み 朝鮮半島」を連載中の、日本経済新聞編集委員、鈴置高史さんに聞いた。

地政学の時代ふたたび

池上 彰(いけがみ・あきら)
ジャーナリスト1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。社会部記者として経験を積んだ後、報道局記者主幹に。94年4月から11年間「週刊こどもニュース」のお父さん役として、様々なニュースを解説して人気に。2005年3月NHKを退局、フリージャーナリストとして、テレビ、新聞、雑誌、書籍など幅広いメディアで活躍中。主な著書に『伝える力』(PHPビジネス新書)、『知らないと恥をかく世界の大問題』(角川SSC新書)、『そうだったのか! 現代史』(集英社)など多数。
(写真:丸毛 透、以下同)

池上:ミサイル実験まで行うことで存在感を示さざるを得ない北朝鮮が、さまざまな意味で日本にとってやっかいな国である、というのは周知の事実です。ですが、鈴置さんの著書『朝鮮半島201Z年』を読むと、いま、韓国の地政学的な立ち位置が、日本にとってやっかいな問題を巻き起こしそうに見えてきます。韓国は中国と距離をとっている、と思いきや、「なんだ、結局、中国の懐に抱かれようとしているのか」と思わせるストーリーになっている。現実に、韓国と中国の距離はどんな状況なのでしょうか?

鈴置:この本が出版された2010年秋の時点では「韓国が米国から離れ中国につくなんて、そんなバカな」と言われました。ことに韓国人は否定的でした。彼らにとってもそれはうれしい未来ではないからです。でも、最近では韓国人を含め「韓国はアメリカと距離をとるだろう」と予測する人が増してきました。中国による圧迫が増す一方、米国の退潮が明らかになって来たからです。いまや、世界の安全保障関係者の間では「米韓同盟はどんなに長く持っても後20年」との見方が主流だそうです。

池上:アメリカと距離をとる、とは具体的に何を意味するのですか?

鈴置:一番極端なケースが、米韓同盟をやめて中韓同盟を結ぶというシナリオです。つまり米国の核の傘から出て中国の傘の下に入るわけです。あるいは、どの国とも同盟は結ばずに自前で核武装する、というシナリオもありえます。ただ、前者の可能性の方がはるかに高いと思います。

 今や、米韓同盟は矛盾に満ちており、その矛盾は日増しに膨れ上がっています。韓国の軍事的な仮想敵は北朝鮮です。そして北朝鮮の後ろには中国がいます。かつては韓国にとって中国も仮想敵でした。

 ところが、1992年の中韓国交正常化以来、中国と韓国の関係は非常に緊密になりました。経済関係では韓国は全輸出の約3割を、香港を含む中国に向けています。ちなみに対米向けの輸出は1割程度にまで落ちています。韓国にとって中国は一番の上得意。もう、決して敵ではありえません。

 一方、米国は中国との対決の度を強めています。オバマ大統領の豪州演説などは、はっきりと中国を敵と見なした宣言です。北朝鮮は米国にとって、主敵ではありません。できればミャンマーのように取り込んで、中国に対抗するコマとして使いたいでしょう。

 韓国と米国とで、はっきりと敵が異なるようになった。仮に米中間の対立がさらに深まり、例えば軍事的な小競り合いでも起きたら韓国はどう振る舞えばいいのでしょうか。中国は韓国に対し、在韓米軍を追い出せ、と言うでしょうから。

 これは思考実験ではありません。2008年に李明博大統領が訪中した際、直前に中国外務省のスポークスマンが記者会見で「米韓同盟は過去の遺物だ」と明言しているのです。これは「米韓同盟は止めろ」ということです。

 オバマ大統領は安全保障面でもアジア重視を掲げます。でも、財政が悪化した米国が、これからどれだけアジア防衛に関与できるか疑問が持たれています。一方、中国はどんどん海軍力を増し、韓国との間にある黄海も「中国の海」になりつつあります。

 隣家の“ちょっと怖い人”がますます怖くなり、一方で近所の交番が財政難から廃止されそうな時、人はどう行動するでしょうか。“怖い人”と戦う手もありますが、その自信がない人は“怖い人”の子分になってしまうかもしれません。それも安全を担保する一つの方法です。

コメント0

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「国際政治は再び「地政学」の時代に戻った」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト