• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

北方領土~プーチンの算術と日本の損得

  • 吉田 耕作

バックナンバー

2012年5月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ロシア大統領に再就任をはたしたプーチン氏は、北方領土に関する交渉に「はじめ」の号令をかけ、お互いに妥協して「引き分け」にしようと提案した。つまり北方4島の内歯舞・色丹の2島を返還すれば引き分けになると。これはゴルバチョフ氏がソ連大統領であった1956年の日ソ共同声明で合意された点を指している。
 この提案に対して、野田首相は「56年の路線で行くなら2島返還で、4島の内(どの2島であっても)2島だから半分でいいという話ではない」「『引き分け』は双方が納得できるという意味だと思う」と述べたという(朝日新聞)。そして、「歯舞、色丹は面積で7%、残り93%が来ないってことは引き分けにならない」ので、4島返還を求める立場を強調した。

(資料:Wikipedia)

表1 四島の面積

地図上の記号 島名 面積
A 歯舞群島(ハボマイ) 98.2平方キロメートル
B 色丹島(シコタン) 253.3平方キロメートル
C 国後島(クナシリ) 1498.8平方キロメートル
D 択捉島(エトロフ) 3184.0平方キロメートル
  5034.3平方キロメートル

 表1から明らかなように歯舞と色丹では、面積で言うと4島の7%弱となる。これで2島対2島だから半分だというロジックは、まさしく詭弁でありで冗談としか考えられない。もし、本当に2島対2島だから半分だというのなら、日本が国後と択捉をもらっても2島対2島だから公平だという事にもなる。したがって、これは議論にも何もならない話しである。
 しかし、これは、興味ある交渉の糸口にはなるのではないかとも思えるのである。例えば、もしこの2島に国後が加えられたならば、4島の全体の面積の37%弱となり、これは考えて見る価値はあるかもしれない。

4島の歴史

 歴史的に遡ると、1945年のポツダム宣言受託直前に、ソ連は8月8日、日ソ中立条約を突然破棄し対日宣戦布告をし、8月9日未明に満州国、樺太南部、朝鮮半島、千島列島に侵攻し、日本軍と各地で戦闘になった。

 特に満州では多数の日本人を捕虜として長年にわたってシベリアの極寒の地に抑留した。この歴史的事実によって日本人の対ソ感情は決定的に悪化し、今日まで引きずっている。
 北方領土に関しては、1945年8月14日に日本がポツダム宣言の受諾を決定した後、1945年8月28日から9月5日にかけてソ連軍は北方領土に上陸し占領した。つまり、ソ連は日本が敗戦を認め戦争を放棄したのちに、北方領土に進攻してそのまま占領を続けた。そのため日本は、ソ連による北方4島の占領は不当であるとしている。

「統計学者吉田耕作教授の統計学的思考術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長