• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「女ばかり増やしてどうする?」 “逆差別”を訴える男と女のすれ違い

女性の登用を増やしても、「男女平等」は実現しない

2012年5月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 何だかすごい。公約といえども、やっぱりすごい。そして、「うらやましい~」――。

 何がって? 女性たちに囲まれニンマリしている男性、いやいや、そうではなく、この国の女性たちだ。そう。新閣僚34人のうち17人が女性という「男女同数内閣」が、フランスで発足したのである。

 ニンマリしている男性とは、フランスで17年ぶりの社会党大統領に就任したオランド氏。彼は「男女同数内閣」と、「女性の権利省(Ministre des droits des femmes)の新設」を公約とし、それを実行したのである。ちなみに元パートナーは、前回の大統領選で社会党初の女性候補として出馬してサルコジ氏に敗退したマリー・セゴレーヌ・ロワイヤルさん。現パートナーはジャーナリストと、いずれも「フェミニスト」と言われている女性たちだ。

 そんな大統領を、「強い女好き」などと冷やかす人もいるようだし、重要閣僚は男性にしている、との指摘もある。

 サルコジ政権の時は31人の閣僚うち11人が女性だったので、「たった6人が増えただけ」と言ってしまえばそれまでなのかもしれないけれど、それでも、やっぱり本当にやっちゃうところが、すごいと思うのである。

日本も女性国会議員の人数は引けを取らないが…

 実はフランスと日本の国会議員における女性と男性の比率は、そう大きく変わらない。フランスでは女性が18.9%、男性が81.1%。対する日本では女性が11.3%、男性が88.8%だ(2011年11月時点)。にもかかわらず、日本の女性閣僚が最も多かったのは、2001年に発足した第1次小泉純一郎内閣の5人(閣僚の総人数は22人)。女性議員比率が45.0%のスウェーデンでさえ、22人中10人というのだから、17人はやっぱりすごい(ちなみに、2010年にスイスで「7人中4人が女性」という女性が過半を占める内閣が発足したが、同国の女性議員の比率は28.5%にとどまっている)。

 「オランドは、男女平等推進に40項目を約束した。今後、男女平等が、遅滞なく、確実に推進されるよう、何週間も何カ月も、目を凝らして監視していこう!」

 フランスの女性団体は、こう女性たちに呼びかけているという。「しっかりやってよ。ちょっとでも、私たちが差別されるようなことがあったら容赦ないからね!」と、目を光らせているわけだ。

 「あ~、フランスに生まれなくて助かったよ」
 「日本でも最近は変わらないぞ」
 「そうそう、ウチの会社でも女性管理職を増やすとか言って、女の方が管理職試験に断然受かりやすくなっているし」
 「要するに、逆差別」
 「大体、女性専用電車だの、女性特別メニューだの。何で“女”ってだけで、優遇されるんだよ」

 こうぼやく男性は少なくないかもしれない。

コメント39

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「女ばかり増やしてどうする?」 “逆差別”を訴える男と女のすれ違い」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック