• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

複数の「専門家」の意見が異なるマトモな理由

あれから1年、正しく怖がる放射能【10】

2012年6月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

  前回「インフォームドコンセント」の例を引いてお話しましたので、今回も医療のトピックで始めてみましょう。

 いま、自分が、あるいは家族の誰かがお医者にかかったとします。検査を受けた。その結果、やや面倒な病気に罹っているらしいことがわかったとしましょう。あまり嬉しい想像ではありませんが、誰しもいつか、ありうることです。そこで

医者「どうやら、重大な疾患の疑いがありますね・・・」
患者「・・・・・・・・」
医者「ところで、人間は健康な身体が良いのであって、病気は適切な体調とはいえません」
患者「・・・・・・・・はぁ・・・」
医者「そんな不適切な身体は、やめちゃったらどうですか」

なんて事をいう医者は、まあ、ありえないわけですが、仮にいたとしたら・・・驚きますよね。というか、むしろこちらとしいては怒ってしまうかもしれない。ここで

患者「あなた、人をマジメに治療するつもりがあるんですか?」
医者「不適切な状態ですから、治療なんかあきらめたほうがいいんじゃないですか」

なんていわれたら、そんな医者はどっかで頭のネジが飛んでいる、と判断がつきます。ところが、これに類似した状況が、他のケースではいろいろ目につくんですね。

 今日は、一見するととんでもなく見えることもある「専門家の意見」に振り回されるのはバカバカしい、というお話をしましょう。ただし「マトモな専門家」のお話で、「不安ビジネス」などの営利のためにマスコミから害毒を撒き散らす、今日日は見なくもない問題外の人のお話ではありません。いま変な例から入りましたが、実は科学に関連する情報を受け取る上で基本中の基本の、真の王道をご伝授しようというのが、ここでの目論見です。

あい反する「専門家の意見」はこう読め!

 具体例でお話したほうが分かりやすいでしょう。

 かれこれ2カ月近く前になりますが3月27日に公開したこのシリーズ第3回「なぜ津波で洗われる地域に家を作ったのか?」のケースでお話しましょう。

 まずこの回の内容を簡単におさらいしておきます。今回の東日本大震災で、とりわけ津波で甚大な被害を受けた地域の中には、古くは貝塚が出来たような石器時代、あるいは古墳時代、奈良平安の昔から「海辺の田んぼ」として、稲作は許されていたけれど、決して人間が住んではいけない、とされていた地域(「沖積低地」)が多かった、というお話をしました。この回では陸前高田のケースをご紹介しましたが、実は日本全国の海岸沿い、あるいは湖や大規模河川に面する地域のどこにでも当てはまる、非常に普遍的な話題を、東京大学理学部・地球惑星物理学教室教授の茅根創先生のご研究に沿って紹介させて頂きました。

コメント4

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師