• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「頭がいいけど『世間』に弱い」理系の大学生

特別講座 桑子敏雄×上田紀行×池上彰 第2部

2012年6月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

池上:東工大に限らず、日本の理系大学では女子の比率が圧倒的に低いですね。その結果、理系の男子学生たちが「女のきもち」がわからないまま社会に出る、というのは実は非常に危ない――。そんなお話を、桑子先生、上田先生にご指摘いただきました。

 理系男子だけだと「枠の中の正しい答えを探す」ことだけに、傾注してしまい、枠組みから自由に発想したり、他者とのコミュニケーションを積極的に行う、ということができにくくなったりする。まさに「男女交際」は、理系男子にとって必要欠くべからずの「教養」なのだ、ということがわかりました。

上田 紀行(うえだ・のりゆき)
文化人類学者。1958年生まれ。東京大学教養学部文化人類学科卒業、同大学院博士課程修了。愛媛大学助教授を経て東工大へ。「癒し」という言葉を日本に広め、日本社会の閉塞性の打破を、新聞、テレビ等でも説く。近年は沈滞する日本仏教の再生運動にも関わり、ダライ・ラマとの対談も出版。東工大では学生からの授業評価が全学1位となり、東工大教育賞最優秀賞を受賞。著書『生きる意味』(岩波新書)は2006年度大学入試出題数第1位の著作となる。その他、『生きる覚悟』(角川SSC新書)、『「肩の荷」をおろして生きる』(PHP新書)、『ダライ・ラマとの対話』(講談社文庫)など著書多数。(写真:丸毛 透、以下同)

上田:ええ。その点を桑子先生にいま指摘していただいてすごくよかったと思います。で、いまの話とも関連するのですが、僕は、これからの教養には4つのCが必要だと思っています。

 第1のCは、コミュニケーションです。日本の学生は、頭の中ではいろいろと考えてはいるが、なかなかそれを言いません。「ぼくは意見を持っていますが、言わないだけです」って(笑)しかし、そもそも口に出さない考えは意見とは呼ばないわけです。情報は発していかないと、他をインスパイアできません。つまり、コミュニケーションからすべてのアクションは起こるのです。何かを作る理系の人間にこそ、コミュニケーション力は必要となり得ます。

 第2のCはコミットメントです。状況に関わっていくことですね。「僕は状況の分析はできるけど、その現状にはかかわりません」といった批評家的なスタンスはもはやダメでしょう。いかにすばらしい分析ができてもコミットメントできなければその分析能力を教養とは呼べません。


何かを生み出すことが現代の「教養」

上田:第3のCは、クリエイション。なにかを生み出していく能力です。「デカンショ」的な大正昭和の教養主義は、ただ知識を吸収するだけの教養でした。すべてのことは古典の中にあった、というスタンスだったからなんですね。でも、今は情報をため込むだけでは教養ではないのです。あくまで次に何を生み出せるかが問われます。

 それから第4のCが、先ほどから触れている「女性」性とも大きく関わる、ケアです。ケアについては、東大教授の川本隆史さんの著書『哲学塾』(岩波書店)から、ある事例を紹介したいと思います。ハーバード大学にかつてローレンス・コールバーグという心理学者がいました。彼は子どもたちの知識の発達を6段階に分けて評価するために実験をしています。

 まず、物語を聞かせます。こんな内容です。

「ハインツという男がいます。ハインツの奥さんはガンで死にかかっています。お医者さんは最近売り出された特効薬を使うしかないと言っています。その薬の開発者は、開発費の10倍の値段を付けているため、薬はとても高価です。ハインツは募金を集めましたが、値段の半分しか集められませんでした。ハインツは開発者に交渉しましたが、色よい返事をもらえませんでした。ある日ハインツは、愛する妻のため、薬のある倉庫に忍び込み、盗み出しました」

コメント0

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「「頭がいいけど『世間』に弱い」理系の大学生」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)