• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「キャリア意識が低い?」 彼女が出産を機に辞めたホントの理由

“会社本位”とは異なるキャリアを説いたスーパーのレインボー理論

2012年7月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本連載から読者の皆様にお願いした投票で上位に入った13編のコラムを加筆してまとめた新刊『上司と部下の「最終決戦」 勝ち残るミドルの“鉄則”』が発売になりました。

 書店に並んでいるのを見かけられたら、ぜひ手に取ってご覧いただければ幸いです。こちらからもどうぞ。


* * *

 女性のキャリア意識を高める――。これが、「女性活用こそが、生き残るためには必要だ!」と声高に主張する企業の、最大の課題なのだそうだ。

 「絶対に女性の力って大切だと思うんですよ。でも、女の人って結婚とか出産とかの時期が、ちょうどキャリアを高める30代前半と重なるのが何とも難しい」

 「そうなんですよ。うちの会社でも女性管理職を増やそうとしているんですけど、『このままでいいです』とか言って拒否するんだよね」

 「女性社員の方が優秀なんです。ただ、子供を産んだ途端に、『やっぱり両立は難しい』とか言って辞めちゃうんだよなぁ」

 女性を活用したい。でも…、ただ……、だけど……。

 これらの「……」を解決するには、キャリア意識を高めるしかない。どうやらそういうことらしい。

キャリア意識が高まれば女性の登用が進む?

 う~む。何だかしっくりこない。

 そりゃあ、会社が、「女性社員のために」とせっかく用意したレールに乗ろうとしなければ、「おい! 誰のためにやっていると思っているんだ!」とムッとしたり、「で、何か?」などと薄い反応を示されたりすると、「ったく~」と不満の1つも言いたくなったりするかもしれない。

 でも、世の中には育児と両立させるために、時短勤務で働いたり、「抜けた穴を埋める人たちに迷惑を掛けまい」と、限られた時間をうまくやり繰りして効率のいい仕事をしていたりする女性もたくさんいると思うのだが、それじゃダメなのだろうか?

 ましてや、そんな彼女たちのキャリア意識が低いとは、私には思えないのである。

コメント61

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「キャリア意識が低い?」 彼女が出産を機に辞めたホントの理由」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師