• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

君は放射線を見たか?福島での霧箱実験授業その5

あれから1年、正しく怖がる放射能【15】

2012年7月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年3月11日以降、テレビであれだけ繰り返されながら、結局大して訂正されなかった放射線量に関する「誤報」、その根っこを前回に引き続き考えてみます。

 「シーベルト毎時」と「シーベルト」つまり「線量率」と「線量」の違いが判らない。両者を言葉の上だけで浅く取り違い、幾多の誤った情報が放送の電波に乗ってしまいました。

 これ、ある観点に立てばかなり重症の「科学音痴」の症状といわざるを得ません。

誰がスピードと走行距離を取り違えるか?

 ちょっと別の例から考えてみましょう。

 いま、新幹線が「時速250キロ」で走る、ときけば、人はなるほど速いものだな、と思うかもしれません。

 これが、最新式の「300系のぞみ」では時速270キロときけば、さらに速いと判るし、もっと新しい「N700系のぞみ」では時速300キロまで最高時速は上昇しているそうです。
さて、この

「新幹線の時速は250キロ」

という表現、これと

「東京―富山間は直線距離にして250キロメートル」

あるいは

「福島と東京は約250キロ離れている」

といった表現とは、言っている内容がぜんぜん違いますね。これらを混同する人はほとんどいないと思います。

「新幹線が250キロで走る」というとき、この「250キロ」は「時速250キロメートル」つまり1時間あたり250キロメートルを走行するという

「スピード」

を表しますし

「東京と福島は250キロ」というのは、同じ「キロ」といっても両者の

「距離」

を表す、とほとんどの人が瞬間的に理解します。さらにいえば、これらと

「あの相撲取りは体重が250キロもあるそうだ」

というときの250キロとは、同じキロでも250km(キロメートル)と250kg(キログラム)という、単位の上での明らかな違いがある。これを混乱することも(何かの具合でうっかりミスなどないかぎり)ほとんど考えられないことです。

コメント4

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック