• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「自分で考える」人材を渇望するトップの勘違い

三鷹光器の中村会長が教えてくれた「考えるヒント」

2012年7月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

好評発売中です!

 「とにかくもっと考え抜いてほしい」――。

 そう部下に望む上司は多いことだろう。ある部品メーカーのトップもその1人。次の世代に任せる準備を数年前から始めたものの、考え抜くことをしない部下にいらだちを感じているという。
 
 「私も65歳を過ぎたんで、あとは若いやつらに任せたいと思っているんです。でもね、これが何とも難しい。考え抜くってことができない。考え抜くことができないから、決めることもできない。困ったもんです」

 考えるという作業は実に骨の折れる、しんどい作業ではある。目の前にある問題と、その先に起きるかもしれない新たな問題が入り乱れる中、手探りで答えを出さなくてはならない。

 考えれば考えるほど、「違うんじゃないか」と引っかかるし、不安にもなる。すると、ついつい思考停止ワードを使うことで、そのしんどさから脱却を図ろうとする。

 「コミュニケ―ションを良くする」「グローバルに展開する」「リーダーシップを発揮する」──。こういった世の中にあふれる、いわゆる“成功者”たちが用いる言葉は、思考停止ワードになりやすい。その一言を発した途端、本人も、それを聞いた人たちも、「確かにそうだ」と納得し、今そこにある問題が解決されたように錯覚する。その結果、考える作業がジ・エンドを迎え、考え抜くことがないままに流されていってしまうのだ。

 「人に答えを聞きにくるとか、ほかの会社のまねをするとかじゃなくて、自分自身の答えが見つかるまで考え抜いてほしいんです。それができないと、うちのような中小企業は命取りになりますから。中小は時代を先読みして備えないと明日はない。大手の発注を受けてから作るだけじゃダメ。それでは生き残っていけないんです」

 時代の厳しさをより敏感に感じる中小企業のトップだからこそ、「考え抜く」ことでしか生き残る道はないと余計に感じているのだろう。

すべての年代で考える力が問われる状況に

 一体いつから日本人は、考えることができなくなってしまったのか。

 小学校でも、「子供たちに考えさせる授業」が求められ、中学生の教科書は「考える力」を身につけさせるものであることが求められる。子供から大人まで、すべての年代で、考える力が問われている。

 数年前から思考力を鍛えるとか、考える力を高める研修などを取り入れる企業も増えてはいる。しかし、「研修を受けた時には、『なるほど』と思うんだけど、なかなか実戦の中で応用するのが難しい」という意見を耳にすることも多い。

 そこで今回は、「考え抜く」ということについて、考えてみようと思う。ホントに考え抜けるか不安ではあるが、できる限りやってみます。

コメント56

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「自分で考える」人材を渇望するトップの勘違い」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授