• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「リストラ不安にも効く?」 五輪選手の実力を引き出す“自分を信じる”力

誰にでも高められるバンデューラの「自己効力感」

2012年8月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「何かいいなぁ~」。一流のアスリートたちの活躍を見ていると、なぜうらやましく思ってしまうのだろうか。

好評発売中です!

 スポーツの祭典があるたびに、毎度のことではあるけれど、気がつくと画面に必死に食らいついてしまっている。さしたる期待も特別な興味もない種目でさえ、なぜか一流アスリートたちに釘づけになってしまうから不思議だ。

 「この4年間は自分に対しての挑戦だった。僕にできる、精いっぱいのレースだと思ったし、ずっとそうやって自分のレースをしてきた。悔いはないです」。水泳男子平泳ぎ200メートルの決勝でメダルを逃した後にこう語った北島康介選手には胸が熱くなった。

 「この4年間、何をしていたのだろう」と男子体操の団体戦で銀メダルに終わり悲嘆に暮れた姿から一転。個人総合で優勝し、「世界選手権を3連覇していますけど、4年に1度の重みがある。全然違う。夢のようです」とうれしそうに金メダルを握りしめた内村航平選手にも感動した。種目別で、「最後の最後で、満足の演技ができた」とガッツポーズを決めた時には、こちらまでなぜかホッとしてしまった。

 あのアスリートたちの心の“強さ”はマジですごい! そして思う。「一生懸命な姿って、かっこいいなぁ」と。

 一流のアスリートだってこんなに懸命にやっているのだ。苦しみ、もがき、失敗し、絶望の淵に追い詰められ、それでも踏ん張って、自分を信じて歩き続けている。翻って私はどうなのだろう。本当に頑張っているのだろうか。最近、暑さでダラダラだっただけに、余計に反省する。

 連日連夜の暑さと寝不足がたたってなのか、最初から少しばかり情緒的になってしまったが、とにもかくにも今週もまだまだオリンピックウィークは続いている。

 そこで今回はいつもとは少しばかり趣向を変えて、「自分を信じる力」について、スポーツの世界から考えてみようと思う。

自尊心とはまるで異なる「自分を信じる」力

 自分を信じる力は、心理学の世界では「自己効力感(self-efficacy)」という概念で説明されることが多い。

 自己効力感とは、米国の心理学者であるアルバート・バンデューラが「自己効力理論(theory of self-efficacy)」の中で用いた概念で、自分の力を信じて行動する「効力への信念」を意味する。

 自己効力感は自尊心と混同されることがあるが、自尊心はあくまでも自分への自己評価。一方の自己効力感は、自分の行動への信念である。自尊心は性格傾向に影響を受けることが多いが、自己効力感にはそれがない。

 「最高でも金、最低でも金」という名言を残したのは元柔道選手の谷亮子さんだが、あの一言こそがまさしく自己効力感だ。

 自分を信じることができれば、より高い目標を自分のために設定し、挑戦することができる。その気持ちがあれば、困難に直面しても、それは自分への挑戦だと思える。そして、踏ん張って困難に打ち勝つことができると、また新たに前進することができる。この好循環が、少しずつ心を強くし、自分の能力を最大限発揮させるトリガーになり、いい結果をもたらす。

 人間の心の働きを巡るメカニズムの中で、自分の持つ力を信じることほど、力強いものはないのである。

コメント20件コメント/レビュー

>>しかし、批判的なコメントを書きたいがためにコラムを読んでいるんじゃなかろうか、という人が少なくないですね。嫌なら読まなければ良いのに・・・<< 全くその通り。同感です。(2012/08/09)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「リストラ不安にも効く?」 五輪選手の実力を引き出す“自分を信じる”力」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>>しかし、批判的なコメントを書きたいがためにコラムを読んでいるんじゃなかろうか、という人が少なくないですね。嫌なら読まなければ良いのに・・・<< 全くその通り。同感です。(2012/08/09)

ん?これってダイエットの世界でもできそうなことばかりじゃないですか!よし、オリンピックにちなんで、取り敢えずは4年間この方法を試してみよう・・・・。(2012/08/08)

私見ですが、前回の五輪で金メダルを取った柔道の石井選手は自分のために自分を信じて戦い抜いていたような気がします。 今回の柔道選手は負けるたびに周囲の方へのお詫びをコメントしていましたが、それだけ柔道界が選手にプレッシャーをかけすぎていたのかなと感じました。国内で負けたのに谷亮子を代表に選んだりする柔道界には辟易していたので勝とうが負けようか今回興味は持てませんでしたが、柔道男子選手はビジネスクラスだけど女子はエコノミーだったとか、選手がベストを尽くせる配慮ぐらいはしてあげて欲しいと思いました。国民的英雄だった谷亮子もエコノミーだったかどうかは知りませんが、小沢の犬のくせに偉そうにコメントしてほしくなかった。(2012/08/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授