• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マンガのおいしそうな「例の肉」は実在するか?

「ギャートルズ」の肉が食べてみたかった(1)

2012年8月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 夏休みも大詰めというタイミングで、軽い話題を一つ。

 少し前にツイッター でつぶやいてみたところ、けっこうな反響があったのですが、子供のころテレビなどのマンガ・アニメで見る「お肉」が、おいしそうに見えた方、居られないでしょうか?

 例えばこんな「肉」ですが・・・

昔マンガで見て食べたかった「例の肉」

 これはいま僕が適当に描いたポンチ絵ですが、この種の肉を、少なくとも30-40年前のテレビアニメ・・・国産のものもそうですが、アメリカンコミックの輸入モノでもよく見かけました・・・で、当時の子供たちは目にしたと思うのです。で、少なくとも僕は「例の肉が食べてみたい・・・」と子供心に強く思ったものでした。

ギャートルズの肉が食べてみたかった!

 日本のマンガ・アニメで印象に残っているのは故・園山俊二の「ギャートルズ」です。しらべてみると1965年から1976年まで、週刊漫画サンデーに連載とのこと。僕は1965年1月の生まれなので、実はギャートルズと同い年だと初めて知りました。

 また実際にギャートルズのキャラクターと出合ったのは小学校入学以降で、学習研究社の雑誌を通じてでした。当時僕は「科学」と「学習」と二つ読んでいて、そのどちらだったかよく覚えていないのですが「はじめ人間ゴン」の連載が載っていました。ゴンは主人公である原始の少年の名です。

 が、一番インパクトが強かったのは、なんといってもテレビアニメ「はじめ人間ギャートルズ」です。1974年の秋からのオンエアということですので、僕は小学校4年生だったことになりますが、この放送初回から見た記憶があります。ドテチン、ヒネモグラ、ガイコツなど、読者におもねるのではなく、やや突き放した感じのキャラクターのかもし出す笑いは、同じ頃オンエアされていたアニメ「ルパン三世」などと共通するような・・・学園紛争に挫折した当時の若者文化・・・映画「イージー・ライダー」のイメージが強いのですが・・・ある種の大人のイメージをもって、当時の僕の目には映った記憶があります。

コメント3

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授