• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

生物学を知っていると、「経済」が読める。なぜか?

東京工業大学本川達雄教授×池上 彰 第4回

2012年9月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

池上前回は、組織が大きくなればなるほど、働かない人間が増えてくるように(笑)、生物も構成する細胞の数が増えるほど、ひとつひとつの細胞の働き方は減ってくる、というお話でした。生物学は、人間が作る組織や社会、経済を知るために、実は基本になる“教養”なのではないでしょうか。

本川 達雄(もとかわ・たつお)
生物学者。1948年生。東京大学理学部生物学科卒業。東京大学助手、琉球大学助教授を経て、1991年より東京工業大学教授。生命理工学研究科所属。ナマコやウニの研究をしている。著書に『ゾウの時間ネズミの時間』(中公新書)、『生物学的文明論』(新潮新書)、『「長生き」が地球を滅ぼす』(文芸社文庫)、『サンゴとサンゴ礁のはなし』(中公新書)、『ナマコガイドブック』(共著、阪急コミュニケーションズ)、『ウニ学』(東海大学出版会)など。歌う生物学者としても知られ、CDや、CD付き受験参考書『歌う生物学 必修編』(阪急コミュニケーションズ)もある。ホームページはこちら
(写真:大槻 純一、以下同)

本川:私が研究しているイタボヤというホヤの仲間がいます。食用にするホヤは1つの個体が単独生活していますが、イタボヤは、体の一部から芽が出て、新たな個体ができてくる。つまりクローンを増やしていって、たくさんの個体が集まってくっついた「群体」をつくります。サンゴなどと同じですね。

 このイタボヤを実験材料として、群体のサイズとエネルギー消費量の相関関係を調べてみました。すると、群体のサイズが大きくなればなるほど、1個体あたりのエネルギー消費量が少なくなるのです。

池上:ホヤの群体も人間の組織とそっくりです。

本川:群体の消費するエネルギー量は群体の重量の4分の3乗に比例する、という、ゾウとネズミの間で知られている例の関係式と同じ関係になりました。1個体あたりのエネルギー量は、群体の体重の4分の1乗に反比例して減る、ともいえます。つまり、組織が大きくなればなるほど、動物の個体もさぼるわけです。

池上:社会性ハチやアリの仲間でもそんな話を聞いたことがあります。人間の場合は、2対6対2の法則でしたっけ。どんな組織でも、2割はよく働き、6割は普通、2割は働かない。では働かない2割を取り除くとみんなが働くかというと、やはり2対6対2の比率になってしまう、という……。

本川:それはシステムのサイズを考慮した話ではないので、実際には集団の規模が変化すると、その比率が変わってくるんじゃないか、というのが、ここでの話です。個体をとりのぞいて集団が小さくなると、働く者の比率が増えるはずです。

 サイズが大きくなればなるほど、相対的にエネルギー消費量は減る。具体的には、体重の4分の1乗に反比例する、というのは、群体や集団のみならず、個々の生物の個体をつくっている細胞単位で見ても同じです。ちゃんと4分の1乗の法則に当てはまる。

池上:つまり、体重が5キロの生物と50キロの生物のエネルギー消費量を比較すると、単純に10倍の差が付くのではなくて、その差はもう少し小さくなるわけですか?

本川:そうです。システムが大きくなると働かない、エネルギーを消費しない細胞が増えるということです。

 人間も所属する組織が大きくなればなるほど働かなくなる割合が高くなると言われます。働かなくなるのは、脳の発達していないイタボヤでも起こるわけですから、大企業では、人目につかないからさぼろうと悪知恵を働かせているわけじゃなくて、これはシステムの問題だと、私は考えています。

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「生物学を知っていると、「経済」が読める。なぜか?」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授