• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「女性はすべてを手に入れられない!」―Time machoの不毛と本当の幸福

米国で話題のスローター論文に感じた妥当性と違和感

2012年9月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 “ Why Women Still Can’t Have It All”(女性はなぜ、すべてを手に入れることができないのか?)

 これは、米国務省のヒラリー・クリントン長官の補佐役として2011年2月まで同省政策企画本部長を務めていたアン・マリー・スローター米プリンストン大学教授が、米誌『アトランティック』の2012年7、8月合併号に寄稿して大論争を巻き起こした論文のタイトルである。

 「男だって、“すべて”を手に入れるなんてことできないだろう」
 「はっきり言って、今の時代って女の人の方がいろいろと手に入れていないかい?」
 「何言ってんのよ。だから日本はいつまでたっても男社会なのよ。女の苦しみが分かってないわね」

 刺激的なタイトルだけに、こんな異論反論が聞こえてきそうなのだが、日本よりかはるかに女性の社会的地位が確立されている米国でも、スローター教授の論文は大きな反響を呼んだ。

 エリート中のエリートとして政府の要職に就いたスローター教授はこの論文で、「今のアメリカ社会で、女性たちが家庭とキャリアを両立するのは無理」と言い切っている。

 「よくぞ言ってくれた!」という反応から、「何をぜいたくなことを言ってるんだ!」という批判まで賛否両論。その余波は国境を越えて海外にも広まった。

スローター論文は女性だけに向けられたものではない

 で、遅ればせながら私もその記事を読んでみた。率直な感想を一言で言わせてもらうと、「その通り」という以外にない。

 以前、横軸のワークライフバランスではなく、縦軸のワークライフバランスを考えなくてはならない時代に突入していると書いたことがあったが(関連記事:「労働」の奴隷に成り下がった“私たち”の不幸)、同様のことをスローター教授は、この論文の中で自身の体験をに基づいて述べている。

 しかも、冷静に論文を読めば、それは女性のためだけに向けられたものではなく、人が人として生きるための、「究極のワークライフバランス」を提言した内容になっていることが分かる。

 今のような“人”よりも“数字”が偉い働き方をしていて、いったい誰が幸せになれるのか?──。

 そんな疑問を私自身もずっと感じ、発信し続けているだけに、とてもとても腑に落ちる提言だったのである。

コメント65件コメント/レビュー

6つの提言についてそうあるべきではあるが、そうある為に必要な事やそうなった場合の影響については疑問が残る。楽観的かつ希望的観測によって論じられていると感じる。そうなるべきではなく、そうなるにはどういう行動やスキルが必要かではないか。そして、そのスキルや行動が足りないから現在の状況であるとまず認識する事が必要だ。(2013/09/25)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「女性はすべてを手に入れられない!」―Time machoの不毛と本当の幸福」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

6つの提言についてそうあるべきではあるが、そうある為に必要な事やそうなった場合の影響については疑問が残る。楽観的かつ希望的観測によって論じられていると感じる。そうなるべきではなく、そうなるにはどういう行動やスキルが必要かではないか。そして、そのスキルや行動が足りないから現在の状況であるとまず認識する事が必要だ。(2013/09/25)

河合さんのコラム、結構好きです.いつも読ませていた伊達降ります.全てが手に入らないというのは、現実かもしれません.キャリアと育児と家族の問題で頭を抱えている共働き世帯には,肩の力を抜こうとか思える言葉ですね.しかし、遙さんといい,河合さんといい,独身でお子さんがいらっしゃらない.そういう方々が,家族やお子さんを抱えた共働き世帯の方やワーキングマザーのことをどうのこうのいったりしても,客観性を持っているとは思いますが,ちょっと説得力が欠けるな,と感じたりします.あと,少し気になるのが,日経ビジネスオンラインの何か方針のようなものか,広げたい思想にそって,この両名の方はコラムを書いている気がしてなりません.結婚や子供がいると,社会で活躍できなくて当たり前よ,だけど社会に出て日本という国の経済活動に貢献して下さい,みたいな.子育てとキャリアとの両立は,我々は応援していますけど,実際は自分たちはあまりそういうのと関わりたくない,遠くから見守だけです的なスタンス.何か,机の上の空論的な物を感じます.本当に真剣に日経ビジネスオンラインが,キャリアと家族の両立について考えていたとしたら,日経ビジネスオンラインの社員自身のキャリアと家族の両立についての奮闘記の記事があったっておかしくないとおもいますし.イクメンイクメンと記事でよく紹介するなら,自分の会社で育児休暇をとった男性社員の例を紹介するとか.もしかして,まったく育児休暇を取った男性社員が、全くいなかったりするのでしょうか? 私は日経ビジネスオンラインの記事は,特にアジアや中国関係のことがよくわかり,大好きです.しかし,家族とキャリアの問題については,御社の社風か何かの雰囲気を反映しているのでしょうか,何かもの足りなさを感じています.何かしらの進歩が見られることを望みます.(2012/10/06)

1才になったばかりの娘がいる30台前半の父親です。夫婦2人で育ててます。離乳食くらいは作れます。一方、プロジェクト立上のため、毎月1回以上は海外出張にいってます。海外の企業とお金の話とか仕事の進め方を相談したりしています。どちらも私にとってはハード。仕事と家庭の両立にも限界を感じてきました。仕事と家庭、二兎を追えれば追いますが、やっぱ難しい。どちらかを選択しないといけない。で、どっちを優先させるかというと出た結論は家庭。理由は、この調子で仕事を一生懸命やって、40代で部長になれるかもしれないということを目指すより、奥さんをケアして仕事に復帰させ、夫婦共働きを成立させたほうが、世帯収入は高くなるから。そうしたほうが家族も幸せになる気がするし。本当は、私は仕事を大事にすることで、仕事を通じた人間関係も大事にしたいと思っている。でも、仕事の優先順位は落としたほうが、家族としても家計的にも良い様子。働く気のある奥さんでうれしい反面、自分の仕事はほどほどにしといたほうが、人生うまくいきそうだ。ということに、ちょっと後ろめたさというか残念さというか、感じています。私みたいな考え・状況の人は、これから増えるような気がしているんだけどどうだろう?  スローターさんは、当たり前の親の悩みでつまづいている。こういう悩みは昔からある。でも今解決できてない。では、今後もできないんじゃないか?なにか社会の前提が変わらない限り。というわけで価値観をこう変えようとスローターさんは提案につなげたんだと思う。ただ価値観は提案で変わるものではないでしょう。体験すれば変わるかもしれない。もしかしたら、そういう体験談を聞いてもらったり、読んでもらったりしても、変わるのかもしれない。スローターさんの論文で大事なのは、提案の部分じゃなくて、体験談の部分じゃないかな。ただスローターさんの体験談は、エリートすぎて価値観を変えるほどの共感は呼ばないかもしれないし、あと長すぎる英文だし読めないね。そのへんを補ってくれる記事を読みたいです。応援してます。がんばってください。(2012/09/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長