• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「女性はすべてを手に入れられない!」―Time machoの不毛と本当の幸福

米国で話題のスローター論文に感じた妥当性と違和感

2012年9月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 “ Why Women Still Can’t Have It All”(女性はなぜ、すべてを手に入れることができないのか?)

 これは、米国務省のヒラリー・クリントン長官の補佐役として2011年2月まで同省政策企画本部長を務めていたアン・マリー・スローター米プリンストン大学教授が、米誌『アトランティック』の2012年7、8月合併号に寄稿して大論争を巻き起こした論文のタイトルである。

 「男だって、“すべて”を手に入れるなんてことできないだろう」
 「はっきり言って、今の時代って女の人の方がいろいろと手に入れていないかい?」
 「何言ってんのよ。だから日本はいつまでたっても男社会なのよ。女の苦しみが分かってないわね」

 刺激的なタイトルだけに、こんな異論反論が聞こえてきそうなのだが、日本よりかはるかに女性の社会的地位が確立されている米国でも、スローター教授の論文は大きな反響を呼んだ。

 エリート中のエリートとして政府の要職に就いたスローター教授はこの論文で、「今のアメリカ社会で、女性たちが家庭とキャリアを両立するのは無理」と言い切っている。

 「よくぞ言ってくれた!」という反応から、「何をぜいたくなことを言ってるんだ!」という批判まで賛否両論。その余波は国境を越えて海外にも広まった。

スローター論文は女性だけに向けられたものではない

 で、遅ればせながら私もその記事を読んでみた。率直な感想を一言で言わせてもらうと、「その通り」という以外にない。

 以前、横軸のワークライフバランスではなく、縦軸のワークライフバランスを考えなくてはならない時代に突入していると書いたことがあったが(関連記事:「労働」の奴隷に成り下がった“私たち”の不幸)、同様のことをスローター教授は、この論文の中で自身の体験をに基づいて述べている。

 しかも、冷静に論文を読めば、それは女性のためだけに向けられたものではなく、人が人として生きるための、「究極のワークライフバランス」を提言した内容になっていることが分かる。

 今のような“人”よりも“数字”が偉い働き方をしていて、いったい誰が幸せになれるのか?──。

 そんな疑問を私自身もずっと感じ、発信し続けているだけに、とてもとても腑に落ちる提言だったのである。

コメント65

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「女性はすべてを手に入れられない!」―Time machoの不毛と本当の幸福」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長